Fire7インチタブレット用ケース |BUY



Amazonビデオ視聴のために。

先日、購入したAmazonのFireタブレット7インチ。

Kindleで雑誌を見たり、インターネットを見たりするにはケースは必要なかったのですが、長時間にわたって動画を見るなら、やはり立掛けて置けた方が便利です。

そこで、タブレットケースを買いました。
もしタブレットがiPadだったら、もっとこだわりのケースを探して着けるかもしれませんが、Fireタブレットはもともと選択肢も多くはありませんから、ただ横に置けるもの、という条件で探しました。

これは価格は1,500円程度で、Fireタブレット用としては一番安いもの。
本当はAmazon純正のケースもよかったのですが、これよりもちょっと高くて2,500円くらい。
タブレット本体が5,000円弱であることを考えるとちょっと高く感じてしまい、こちらのケースを買いました。

IMGP8028_convert_20160130080819.jpg

ATiCというメーカーのものでフェイクレザー製です。
ついでに、このFireタブレットは画面の反射が強すぎるので、映り込み防止のアンチグレアタイプ、つや消しのフィルムも購入しました。
明るい場所で使っていると、画面に自分の顔が映り込むのがちょっとイライラしたので。

IMGP8029_convert_20160130080837.jpg

装着方法は、タブレット本体を差し込んで、マジックテープで固定するだけです。
フラップは、マグネットでパチっと留まり、プラプラとすることはありません。
フラップを開くと、片手持ちした際に落とさないために手を差し込めるストラップも付いています。

IMGP8032_convert_20160130080948.jpg

きっちりと収まり、ケースとのがたつきはありません。
マイクロUSB、SDカードなどへのアクセスにはまったく干渉しません。

IMGP8031_convert_20160130080926.jpg

背面にあるカメラ、スピーカーの穴も位置合わせはバッチリです。
ゴムバンドがありますが、これはたぶん手で持ってタブレットを見る際にフラップを固定するため、そして真ん中にあるのは横置きする際にフラップを固定して三角を作るためのものです。

作り、機能はなかなか。
素材が本革だったら申し分ありませんでしたが、フェイクレザーながら質感は悪くありません。

横置きできるという目的には十分なので、まあこれはこれでいいかなと思います。
ただ後で気がついたのですが横置きするためだけだったら、タブレットスタンドで良かったのでは。
いや、まさか、そんなことは。

一週間ケースをつけて使ってみましたが、うーん、ケースは必須ではないかもしれません。
どうしても厚みが出ますし、インターネットを見る際などには開いたフラップがけっこう邪魔です。
小型のタブレットの利点である機動性を若干損なうものかもしれません。
Amazon純正のケースだったらどうなのかなと気になるところですが。

ケースが必要かは用途と使い方で考えてもらうとして、このタブレットを購入する場合は、映り込み防止のために、つや消しの表面保護フィルムはあったほうが快適です。
むしろ、無いと自分の顔が写り込んでイライラとすることになります。

アンチグレアのフィルムは必須。これは本体購入時にはいっしょに買ってもいいぐらい。
そしてケースは使ってみて、必要そうだったら買う、でいいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する