俺たちの既製靴|日記



服や靴は、誂えるものだった時代があるそうです。

しかし今は、誂えるというと、既製品で満足できなくなった好き者か、
体型が特殊で既成品が合わない人くらいです。

自分に合うように誂えた特別な一着、一足というのが素晴らしいのはもちろんです。
しかし、僕は、誰もにある程度合うように調整され、そして量産される既成品も
素晴らしいと思います。

特別なひとつを作る職人の卓越した技術も素晴らしい。
でもそれと比較して、量産品、既成品が劣っているものだとは思いません。
普及価格帯に収まり、安定した品質で量産できるようにする量産体制の構築。
なるべく多くの人に合うパターンの調整。

誂え靴を履いたことがないので、その履き心地、品質の違いについては言及できませんが、
誂え靴の作られるまでの背景に対して、既成品の背景も決して負けたものではないよなと思います。
関連記事

コメント

量産

激しく共感します!!
オーダーメイドは、自分に合ってて当然ですが、既製品で自分に合っているものを見つけると感動します!!
専用機より、量産機…ザクも完成品は量産機ですからねw

2016/01/25 (Mon) 07:04 | HIDA #- | URL | 編集
Re: 量産

HIDAさん
コメントありがとうございます。

量産機、僕も大好きです。
ザクも好きですが、量産機ではジェガンが一番好きですね。

2016/01/27 (Wed) 05:56 | mc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する