ブーツのサイズ選びについて|BOOTS



始めキツキツ、中パツパツ。
そのくらいがいいんじゃないかなと思います。

靴は、サイズ選び、フィッティングで履き心地がかなり変わります。
これだというサイズ選びをしても、靴の底付けの製法によって、またアッパーの素材によって、かなり履き始めと履きこんだときのサイズ感は変わります。
特に、比較的柔らかいオイルドレザーを使ったワークブーツはそれが顕著なように思います。

買うときに、このサイズがちょうどいいなと思って買ったブーツは、だいたい今大きめに感じます。
お店で試着して買ったレッドウィングのブーツがだいたいこれです。

逆に、WESCO、White'sのブーツは個人輸入で購入したのでサイズ合わせはできず、これくらいだろうと賭けで購入しました。
履き始めこそ、かなりきつくて、WESCOはインソールを抜かないと履いて歩けないくらいだったし、White'sのセミドレスは右足の親指の付け根が2,3ヶ月おかしくなりました。
完全にサイズ選びをミスったなと思いつつ、我慢して頑張って履けば多少はマシになるかもしれないと思いながら履き続け、その結果、今はジャストサイズです。

靴のサイズ選びは、ある程度履いて馴染んだときに最終的にきっちりと合うサイズ、というのが最上だと思います。
そういう靴は、始めのうちは履いた感じはキツ目です。
WESCOやWhite'sほどではないにせよ、始めは違和感、場合によっては痛みを伴い、慣らしという過程が必要です。
もし実店舗でサイズを合わせてもらった靴が、僕のWESCOやWhite'sほどに痛んだら、僕は苦情を言いながらサイズ交換か返品をしてもらったかもしれません。

そのくらい、履き始めと馴染んだときのサイズ感は違うということです。
それを見越して靴を買うというのは、けっこう勇気が必要で、始めのうちは靴擦れを起こすかもしれないし、最悪の場合は、せっかく買ったけど痛くて履けないということもありえます。
靴紐がある靴なら、緩くなってきても紐を絞れば多少の調整はできますが、ローファーなどの紐無しの靴は、履き始めはサイズはかなり攻める必要があると思います。
某フランスの有名メーカーが、万力締めと形容される攻めのサイジングで有名ですね。
逆に、足と靴の間に空間ができるくらいに大きめのサイズのローファーでキメている人もいますが、子供が玄関のお父さんの靴を履いて宅配便の荷物を受け取っているようで格好わるいのでやめたほうがいいと思います。

靴のサイズ選びは、普通の靴屋さんやABCマートの店員さんではそこまで突っ込んだサイジングは勧めてきません。
人によってジャストだと思う(思い込んでいる)サイズは違うから、あまり攻めてあとで返品になるのが一番面倒です。「たぶん大きいと思うけど、お客様がそれでいいならそれでどうぞ」というスタイルです。
履きこんだときにジャストなサイズ選びというのは、自分で判断するしかありません。

短靴はあまり経験値がありませんが、ワークブーツを中心にいろいろ履いてきた経験からサイジングについて言えることは2つです。

1.オイルドレザーのブーツはとにかくサイズ感が変わるので、買うときにちょうどいいかで選んではいけない。
2.合わなければ買わない

ということです。
どうにか履けるけど、中で指が曲がってどうには収まるくらいだと明らかにサイズが合っていませんが、どこかが当たるくらいだったら、履いているうちに気にならなくなると思います。
また、足幅(DとかEとかいうやつです)が合わないから足長(インチ、cm表記)を一つ上げるのはやめたほうがいいと思います。
その場合はそのメーカーの靴は足に合わないから諦めるというのも一つの選択肢です。

ジャストサイズの靴とジャストでないサイズの靴の履き心地はかなり違います。
一度、カンペキなるサイズ、自分の足に合った靴を履くと、靴というものに対する考えがかなり変わると思います。
関連記事

コメント

No title

はじめまして(*^_^*)
初めてブログを拝見させていただきました。
今日の記事、目からウロコでした!でも、すごくナットクです☆たしかに、大事に何年も履いてる革のブーツ、どれも少し緩くなってるなぁ。。。きつめを選ぶって少し勇気が必要ですけど、長くお付き合いすることを考えれば、緩くなってしまうのはもったいないですよね。次からはmcさんの今日の記事を頭に入れてブーツ選びしたいと思います☆とても参考になる記事、ありがとうございました(#^.^#)

2016/01/14 (Thu) 12:43 | maya #- | URL | 編集
Re: No title

mayaさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
よほどその道のプロみたいな店員さんでない限り、履き始めのサイズについては、お客さんの感覚任せですよね。
それが一番返品のリスクがないだろうからなんですが、実店舗で購入するメリットは店員さんの経験、知識だと思うんですよね。
本当、仰るとおり、きつめを選ぶのは勇気がいるんですよ。馴染まなかったら履けないし、靴擦れで痛いかもしれない。
そうすると、一応1サイズ上げちゃったり。
そこを、このサイズがちょうどですよと言ってくれる店員さんがいてくれたら、そういうお店に行きたくなります。


> はじめまして(*^_^*)
> 初めてブログを拝見させていただきました。
> 今日の記事、目からウロコでした!でも、すごくナットクです☆たしかに、大事に何年も履いてる革のブーツ、どれも少し緩くなってるなぁ。。。きつめを選ぶって少し勇気が必要ですけど、長くお付き合いすることを考えれば、緩くなってしまうのはもったいないですよね。次からはmcさんの今日の記事を頭に入れてブーツ選びしたいと思います☆とても参考になる記事、ありがとうございました(#^.^#)

2016/01/18 (Mon) 03:47 | mc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する