White's Semi Dress(Swing Last)|経年変靴レポ17



8月以来のオイルメンテ。

このブログに、このセミドレスのドレスレザーの手入れについて来られる方が多いようです。

確かにどうしていいか、微妙な革です。
ドレスの手入れをするのか、ワークの手入れをするのか。

僕もいろいろ試してきましたが、ここ1,2年はこんな感じです。


IMGP7986_convert_20160109054757.jpg

汚れ落とし 水拭き
保革    ホワイツ 液体ブーツオイル



固く絞った濡れタオルでアッパーと全体を拭く。
そのあとオイルを手にとって、素手で塗りこむ。
ちょっと置いてから乾拭き、で完了です。

酷使していないからかもしれませんが、これだけで半年近くは乾燥した感じになりませんでした。
今回も、カサカサと乾燥したからというわけではなく、いい加減そろそろ手入れをしておくかというくらい。

IMGP7976_convert_20160109054639.jpg

IMGP7973_convert_20160109054711.jpg

セミドレスという名称から、ドレス寄りの手入れが必要なのではないかといろいろ試しましたが、結局これが一番という結論になりました。
履く頻度によりますが、頻繁な手入れも必要なく、帰宅して脱いだらブラッシング。
たまに乾拭き。
それで十分です。

このブラウンドレスレザーで、日本のサラリーマン向けの革靴を作ったら、手入れも楽だし、タフだし最適なような気がします。
価格は、なかなかなものになりそうですが。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する