JohnstonsとUNITED ARROWSのカシミアニットを比べてみる



標準価格と最近流行りの安い価格のカシミアニットを比較してみました。

Johnstonsのカシミアニット、5万円そこそこ。
UNITED ARROWS beauty&youthのカシミアニット、2万円そこそこ。

価格差は2倍以上ですが、その品質の差はどうか。

IMGP7957_convert_20160106152111.jpg

左がJohnstons。右がUNITED ARROWS。
この距離ではあまり違いがわかりません。

IMGP7953_convert_20160106152130.jpg

近くで見比べてみると、UNITED ARROWSの方が見た目はふわふわ感があります。

IMGP7955_convert_20160106152200.jpg

購入してからなかなかの頻度で着ていますが、Johnstonsの方は目立った毛玉はありません。

IMGP7956_convert_20160106152145.jpg

昨年末に購入してからやはりJohnstonsと同じくらいの頻度で着ているUNITED ARROWSの方には、しっかりとした毛玉ができてきました。
ふわふわとした毛足が長いためでしょうか。



Johnstonsはやはり価格だけのことはあるなという品質です。
一方、低価格のカシミアニットは、その価格からどうしても丈夫で着心地がよいというわけにはいかず、どちらにその重点を置くかという選択が必要になります。
毛玉の出来やすさから見るに、毛足を長めにしてカシミアのふわふわ感という着心地に重点を置いている感じがします。
長く使うというよりは、1、2シーズン、カシミアの着心地を楽しみ、ダメになったら買い替える感じですね。

低価格カシミアニットに定価1万円〜2万円払うなら、同じ価格で高品質のウールのニットが十分買えます。
そちらの方が編みがしっかりしていて、毛玉ができづらいので長持ちするし、着心地もいいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する