NIKE エアロロフト 800|BUY



NIKE エアロロフト800。
カンタンに言うと、ジョギング用のダウンベストです。
1年以上悩んでようやく買いました。
夜間の視認性を考え、オレンジのモデルが良かったのですが、今年はオレンジはラインナップされていませんでした。
黒、オリーブグリーン、蛍光イエローがあったのですが、黒は視認性がもっとも悪そうなので無しとして、蛍光イエローはさすがにちょっと目立ちすぎで、普段使いもできればいいなというすけべ心もあり、オリーブグリーンです。
黒とほとんど視認性は変わらなそうですが。

IMGP7899_convert_20160101071715.jpg

IMGP7905_convert_20160101071827.jpg

ボディの前面と背面に800フィルパワーの高品質ダウンを封入。

IMGP7907_convert_20160101071855.jpg

フィルパワーとは、ダウンの重量あたりの体積を表す単位で、簡単に言うと、これが大きいほど少ない重量でも暖かいダウンということです。
フィルパワーが低いダウンと高いダウンで同じ保温性を持たせるには、前者は多くのダウンが必要になるため厚手に、後者は少量のダウンで済むので薄手になります。
これにより、ダウンの厚みが運動の妨げとなることなく、保温性を確保しています。
またダウンを全体に配さず、前面と背面のみの最低限に留めており、これによりジョギング時の腕振りの妨げにならないなど、運動性も確保するデザインになっています。

IMGP7903_convert_20160101071809.jpg

ジョギング用ということで、運動時の内部の熱および発汗による湿気はレーザーカットによる通気孔により排出することで快適性も確保しています。

これらにより運動時の保温性と快適性のバランスを高いレベルでとっているのが、このエアロロフトです。

IMGP7902_convert_20160101071750.jpg

背面には、小さなポケットがあります。
ここには、小物やスマホをしまうことができて便利です。
このポケットに、このベスト自体を手のひらサイズに収納できる、パッカブルであることもこのベストの売りの一つです。
(どうやって収納するのか説明書がなかったのでわかりませんが、今度試してみようと思います。)
ポケットのファスナーの周囲にはリフレクタープリントがされており、夜間のジョギング時にライトで照らされると反射しますが、これだけだとちょっと心配ですね。

IMGP7906_convert_20160101071842.jpg

フロントジップは、ダブルファスナーになっており、よく使う上のファスナーは持ち手の部分がシリコン素材で運動時にも上げ下げしやすいように配慮されています。

fc2blog_20160105034923444.jpg

買ったその日の夜に、試しに7km程度ジョギングをしてみました。
今年は例年よりも寒さが厳しくないというのもありますが、今の時期であれば、上半身は、このエアロロフトと厚手の長袖アンダーシャツだけで大丈夫です。
特に寒さで凍えること無く、中が汗で蒸れてしかたないということもありません。

fc2blog_201601050349047e9.jpg

帰って脱いでみると、通気孔の内側の部分にのみ、結露の水滴がついていました。
この通気孔が飾りではなく、外気を取り込み、効果を発揮しているということだと思います。



価格は定価で16,000円程度、今だと公式ネットショップでもセールで12,000円程度になっていました。
僕も12,000円程度で購入しましたが、この価格でもかなり悩みました。
それだけ出せば同じナイキのジャージの上下が買えてしまうじゃないかと。

それでも買ったのは、この運動用のダウンベストという珍しい製品を試してみたかったという気持ちが大きいです。
試した結果、確かに快適だったので、購入価格くらいの価値はあると思います。
しかし、誰にでもこれはオススメです!と言うかはちょっと微妙です。
別に無くてもどうにかなるものではあるので。
でもあったらジョギングが楽しくなる。そんな感じの商品ですね。

懸案事項としては、洗いどきがわかりません。
毎回洗っていたらダウンがあっというまにペシャンコになりそうだし、かといって洗わずに男の臭いをさせるわけにもいきません。
ジョギング2回に1回のペースでエマール手洗い、というところかなとは思っていますが。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する