8/100|SPIEWAK N-3B



SPIEWAK、スピワックと読みます。
ミリタリー系アウターではアルファの次くらいに有名で、1904年創業の歴史あるアメリカのメーカーです。

IMGP7850_convert_20151227074049.jpg

ミリタリー系アウターですと、今年はアルファが流行っているようですね。
アルファもN-3Bは売っているのですが、僕はアルファだったらスピワックの方が好きです。

IMGP7848_convert_20151227074017.jpg

スピワック製は、このファーがリアルファー。
これがフェイクファーだと着ているうちに毛が絡まってドレッド状になってしまいます。
最近の製品は見ていないのですが、多くのアルファ製のものは、たぶん今もここがフェイクファーだと思います。

IMGP7853_convert_20151227074115.jpg

あとうれしいのが、こういう細かい革の部品もしっかりと牛革であること。
もう経年でカリッカリのベーコンになっていますが。

IMGP7851_convert_20151227074101.jpg

ボディのナイロンの生地には張りがあり、すべすべ。
この手触り、大好きです。

もともと、これは妻が高校生のころに着ていたものだそうで(たぶんGLAYのwinter again効果かな)、大学生のころ、付き合い始めたときに、もう着ないからと貰い受けました。
それで初めてスピワックを知ったのですが、いわゆるマッコイ系のレプリカメーカーではないのに、これくらいの品質のものを作っているメーカーがあったのかと驚きました。
当時、僕はやはりN-3Bモチーフのモッズコートみたいなコートを着ていたのですが(これもたぶんGLAYのwinter again効果)、これをもらってからはその「モドキ」(と言ってもそれもけっこうなお値段したし、こだわりのコヨーテのリアルファーだったんですけど)ではなく、こればかり着るようになりました。

最近はスリムフィットのものもあるようですが、このガバッと羽織るオリジナル?のシルエットがいいんです。
下に厚手のニットを着ても、腕が窮屈になりません。

ちなみに見た目どおり、防寒性もばっちり。
初詣で長時間外に並んでいようが、ビクともしません。
N-3B自体の被り率はどうしようもありませんが。
関連記事

コメント

No title

私もアルファよりSPIEWAK派です。
というか、若いころ、アルファよりもSPIEWAKの方が価格が高く、素材も明らかに優れていました。でもアルファの方が安いもんだからこの辺で我慢するか、といった感じで憧れていました。
今はPコートを持っていますが、分厚くて、重くて、不便ですが、そういうところが大好きです。
アルファが中国などの生産に切り替えてしまった今、ここはまだUSA製にこだわっている(と思うのですが)ところも好きです。米国でも中国でも品質に大きな差はないのでしょうけど・・・。

2015/12/28 (Mon) 23:38 | なおけんた #l18yNLao | URL | 編集
Re: No title

なおけんたさん
おはようございます。
もらいものだからよく知らなかったのですが、スピワックの方が価格帯が上だったんですね。

>分厚くて、重くて、不便ですが、そういうところが大好きです。
まさに、僕もそうです。これ、リュックを背負えないし、腕がやたら太いので子供を抱っこしづらいのですが、そういうところも含めて好きですね。

USA製であることへのこだわり、そういったこだわりがあるメーカーにもぜひ生き残っていって欲しいです。

2015/12/29 (Tue) 06:27 | mc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する