WOLF’S HEAD プレーンロングウォレット

プレーンなおいしさをサクッと。




ウルフズヘッドのウォレットと言うと、スタッズバシバシ打ち込まれたものを
想像されるかもわかりませんが、これも一応ウルフズヘッドのウォレットです。

スタッズ0。
いわゆるプレーンと言われるものです。

ウルフズヘッドのものであることを確認できるのは、この部分のみ。
P1010649.jpg

オークションでは偽物がずいぶん出回っていましたが、千駄木のお店でビクつきながら
購入したので、一応本物です。

これの前は、FUNNYの真っ赤なレザーとヘビ革の切替のウォレットを使っていたので、
反動ですごくシンプルなのがいいなーと思い、まあなんとかスーツにも使え、
ウォレットチェーンも付けられ、丈夫そうなこれにしました。

確か購入したのは2008年の春くらいだったと思います。
もうすぐ4年が経過します。

丈夫で武骨でシンプルそうな見た目ですが、少しガタが来ております。

P1010655.jpg

スナップボタンの受け側が取れたので、自分で新たに打ち込んだり、
カード入れの部分のステッチがブチ切れてペロペロなり始めたので
初めてのレザークラフトを見ながらステッチを入れ直したり。


直しながらまだ付き合うつもりですが、そろそろアトリエチェリー製を
ゲットするべく貯金を始めようかなとも考えています。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する