日記|プラモデルの表面処理に100均の爪ケアやすりが便利



100均の爪用やすりはプラモデルの表面処理を1から10まで終わらせる。

やすりがけは模型づくりの基本です。
耐水ペーパーなど紙やすりをキレイにかけるコツは、台紙を当ててやること。
台紙を当てることで、表面を平らに、均等に削れたり、保持しやすくなることで作業効率が上がったり。

ただ、台紙を当てるのってけっこう面倒くさいんですよね。
その手間をめんどうがって、そのまま紙やすりで削ると、いびつになったり、一部分だけ深く削ってしまったり、失敗してしまうのですが。

たしかメカトロウィーゴの原型師さんのブログ「モデリズム」で見た気がするのですが、そんな面倒くさがりに便利なアイテムとして、100均の爪用やすりがいいよーという記事がありました。
パーティングライン消しなどに使えると。

100均に行ったついでに見てみると、ありました。

fc2blog_20151211003202492.jpg

fc2blog_201512110032273b6.jpg

目は、ピンク、白、灰の順で細かくなっていきます。
ピンクは、パーティングライン消し。
白は表面を整えるのにちょうどいい粗さです。

そして灰。
正直、灰は細かすぎて使えないと思っていたのですが、本来の用途として試しに灰の面で自分の爪の表面を擦ってみたら、驚くほど爪の表面がきらっきらになったんです。
おお、すごいと手の爪ぜんぶ磨いてしまったのですが、プラモデルの成型色を活かした部分塗装仕上げの未塗装部分の光沢出しに使えるのではないかとひらめき、試してみたところ。

fc2blog_20151211003123809.jpg

fc2blog_20151211003141323.jpg

ばっちりでした。
くるくると軽くこすってやると、きらりと塗装してクリアを吹いたような光沢が出ました。
そのままメカトロウィーゴみずいろの水色のパーツをすべて光沢出し。
パーティングラインが残っていた箇所は、ピンクの面でパーティングラインを消し、白、灰の順で。

これはかなり便利。
ガンプラだと使いどころがないかもしれませんが、メカトロウィーゴの製作には1本あるといいかもしれません。
あとは曲面の多い車の模型などにも。
100均で2本1セットで108円で購入できます。

模型用のコンパウンドもありますが、それよりも手軽に光沢出しができるし、これ1本でパーティングライン消しから光沢出しまでできます。

ハセガワのメカトロウィーゴを作る際には、用意しておいて損はないものです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する