TOY|HGガンダムバルバトス第4形態簡易塗装中



ガンダムバルバトス第4形態。
肩の装甲も簡易塗装をしてみました。

シールで表現されていたピンクのマークと、黄色い縁の部分の塗装と墨入れ。



あと、膝周りと膝下からスネにも少し墨入れを追加。
雑誌の作例なんかだとがっつりと墨入れをされていたりしますが、がっつり墨入れはちょっと好みではないので控えめに。



第4形態からの装備の刀。



刀の柄が長さと、キットの腕周りの広い可動域によって、両手持ちの構えもできます。



しかし、やはりバルバトスには、この巨大メイスがしっくり来ますね。

簡易塗装は、あとふくらはぎの部分が一部まだシールで色分けしているので、そこだけちょちょいと塗って完了にしようと思います。

しかし鉄血のオルフェンズ、面白いですね。
今のところ、人物同士のドラマ回とMSの戦闘回が交互にローテーションしていますが、戦闘回はもちろん、ドラマ回も面白いです。

先週はガンダムバルバトスは、この第4形態に改修(レストア)されるべく、装甲をすべてひっぺがされたあられもない姿を見せたのみで、あとは人物ドラマ、しかも兄弟盃を交わすヤクザ的な、でしたが、面白かったです。
録画したのを2回見直しました。

正直、この前のガンダム「Gのレコンギスタ」は登場人物同士が互いに会話をしていても、それぞれの言葉が目の前の空気に霧散していって、会話が絡み合っていないように感じて、ドラマがよくわからなかった。
そういったストレスがなく、会話のキャッチボールがズドンズドンと決まっているのが気持ち良い。いや、普通なんですけどね。

とりあえず、第4形態が登場する前に形にするのには間に合いました。

明日(もう今日か)の放映も楽しみにしています。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する