日記|REGAL 315RBDを丸洗い

IMGP7724_convert_20151109062427.jpg

ガラスレザー、丸洗い。

ガラスレザーのストレートチップREGALの315RBD。
ひさびさにしっかりと手入れをするため、ステインリムーバーで表面のワックスやクリームを落としていましたが、

IMGP7717_convert_20151109062353.jpg

いくら拭いてもきりがありません。
購入してから6年。一度ここでしっかりとリフレッシュしようと丸洗いをしました。

IMGP7724_convert_20151109062427.jpg

まずはしっかりとソール裏の汚れをブラシで落とします。

IMGP7725_convert_20151109062500.jpg

そのあと、30度くらいの水をバケツにためて、30分沈めます。
油分、脂分、汚れを浮かせてから、中性の洗剤でよく洗います。
洗剤は、今回は子供用の無添加洗顔フォームを使ってみました。
洗剤を使って洗うのは主に靴の外側です。

流水でよく泡を流してから、革の中に染みこんだ泡をすすぐため、またバケツにためた水にしばらく沈めます。

縫い目の周りを押しても泡が出なくなったら、最後にもう一度全体を流水で流します。

IMGP7727_convert_20151109062522.jpg

タオル等で水気をよく拭き取り、シューツリーを入れて数日乾燥させます。

IMGP7728_convert_20151109062536.jpg

洗いたての状態はこんな感じです。すっきりしたような。

このあと、直射日光を避けながら風通しのいいところで4日くらい乾燥させます。

IMGP7752_convert_20151115073628.jpg


中が半乾きのうちに、2回くらいコロニルディアマントクリームを薄く塗りました。
乾く際に、革が傷んでビーフジャーキーになるのを防ぐためです。

IMGP7743_convert_20151115073435.jpg

内側、つま先の方までしっかりと乾いていることを確認したら、クリームで保革です。

IMGP7745_convert_20151115073500.jpg

今回は、このオールデンの靴クリームを塗ってみました。

IMGP7746_convert_20151115073525.jpg

ウェルト周りも乾燥しているので、ブラシでしっかりとクリームを塗ってあげます。
そのあと、乾拭きして完成。

見違えるほどすっきりした感じになりました。
ガラスレザーは経年変化をしないと言われますが、いやいや変化しています。

丁寧に手入れをすればしっかりと応えてくれる。
しばらく眺めてしまいました。
せっかくなので、この機会に靴紐も替えようと思います。

今まで、オイルドレザー、スウェード、ペッカリーなどいろいろ洗ってみましたが、ガラスレザーは今回が初めて。

乾燥時に一番気をつかわなくていいのが、このガラスレザーでした。
うっかり乾かし過ぎてパリパリになることがなさそうという理由です。
それって革としてどうなのか、という疑問もありますが。

IMGP7747_convert_20151115073543.jpg

今回強く感じたのは、やはりガラスレザーだから靴としてどうとかいう話ではなく、作りがしっかりとしていればガラスレザーだというのは関係なく、長く使えるし、きちんと応えてくれるということです。

このすごくいい感じになっているこの靴の表情を伝えきれない僕の写真技術を歯がゆく感じます。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する