経年変靴レポ|Otsuka Mー5 102ボタンブーツ ー9



2年と半年経過のボタンブーツ。

あまり履く機会が多くないこのブーツですが、定期的な手入れは行わないとということで手入れをしました。


IMGP7689_convert_20151109062102.jpg

汚れ落とし 水拭き
保革 サフィールノワール レノベイター



濡らして固く絞ったで表面を軽く水拭きして表面の汚れを落とし、そのあとレノベイターをなるべく少量、塗布。
使用法のとおり豚毛ブラシでブラッシングをして3分程度置いてから、乾拭きです。

シャフト周りのスウェード部分には今回はスウェードスプレーはかけていません。

IMGP7699_convert_20151109062223.jpg

IMGP7706_convert_20151109062244.jpg

なんともエレガントな靴です。
靴の中でも特にエレガントなのがボタンブーツだと思います。

IMGP7707_convert_20151109062303.jpg

人が手でこれを作っているのかと思うと技術とはすごいものです。
制作物としてもすごいし、それを履いて歩けるというのがものすごく贅沢だなと改めて感じました。


ところでOtsukaM-5には20万円くらいするボタンブーツもありますが、この102と何が違うのか。
雑誌の写真を見ただけではよくわかりませんでしたが、今度伊勢丹に行く機会があったらじっくりと見比べてみたいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する