経年変靴レポ|REDWING 8103 ワークオックスフォード-15



3年9ヶ月目のワークオックスフォード。

けっこう履いているつもりでしたが、まだ3年ちょっとでしたか。
先日、牧場に履いていったのでアッパーは砂埃にまみれ、ソール裏はヤギの糞の山を踏破したのでキレイにしてあげようと数カ月ぶりにしっかりした手入れを行いました。

汚れ落とし M.モゥブレイ ステインリムーバー
ソール周り ハミガキ粉
保革    JEWEL ブーツクリーム



P1080228.jpg

まずはしっかりと汚れ落とし。
ブラッシングだけでは落ち切らない砂ぼこりをしっかりとステインリムーバーで落とす。
ソールのサイドもステインリムーバーでぬぐってやるとキレイになります。

P1080229.jpg

しかし、どうしてもクレープソールはほこり等で茶色っぽく変色していきます。
車の洗車と同じでボディがキレイでもタイヤまわりが汚いとせっかくの洗車の意味が無いように、アッパーを磨いてもソールが汚いとやはり磨いた感が半減します。

そこで、以前記事にしたことがある気がしますが、クレープソールのサイドを白くするため、歯磨き粉を使います。
Reboot 2011/09/05 「REDWING 8875 -②」


P1080230.jpg

歯ブラシは使い終わったもので十分です。
衛生上、ハミガキ粉は別容器に出して使ったほうがいいです。

歯磨きの要領で、ソールをしゃかしゃかと。
泡を拭って、そのあと水拭きでしっかりと残ったハミガキ粉を拭き取ります。

P1080233.jpg

右が歯磨きした方。左が歯磨きしていない方です。
以前は劇的に白くなったのですが、今回は思ったほどではなかったですね。

あとはいつものとおりアッパーの手入れ。
P1080234.jpg

今回はこのJEWELのブーツクリームを使いました。
ワークブーツの手入れ用品を初めて買うという人は、ABCマートで普通に買えるこれを選べば十分です。
JEWELには液体のブーツオイルもありますが、クリームの方が塗りすぎが防げます。

少量を伸ばして全体に塗り、豚毛ブラシでブラッシング。
そのあと、全体の乾拭きをします。

P1080237.jpg

P1080238.jpg

P1080241.jpg

初めての人にJEWELのブーツクリームをオススメする理由は、軽く磨いただけなのにやたらと光沢が出るので、手入れしたぞッ!という感じがするからです。

P1080239.jpg

オートで撮影したので、撮影条件が違うというのもありますが、上のソールを磨く前の画像と見比べると、やはりソールが白い方がスキッとした感じがします。

P1080235.jpg

ワークオックスフォードは、黒もいいですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する