BUY|smoothday ディオラマスムース クルーネックTシャツ

IMG_6466_convert_20151102021737.jpg

最上の日常着。

下のリンクにあるtkjさんのブログや、なべこぱんさんのブログ、そしてgohkitiさんのブログでもその名をよく見るsmoothday。
その着心地で魅了するsmoothdayとはどんなものなのか、興味が湧いていました。

調べてみると「肌に合う」をテーマに生地とパターン、縫製を追求し、きごこちにこだわった服作りをしているメーカーだそうです。

smoothdayの特徴である綿の素材は、コズモラマ、テクノラマ、ディオラマの3種があるそう。
コズモラマは、綿100でありながらカシミアタッチを目指した糸作りによる素材。
テクノラマは、綿100ながら吸水速乾と接触冷感を備えた素材。
ディオラマは、綿100ながらシルクタッチを目指した素材とのこと。
そのどれもに共通するのは、ドレープ性と光沢感。

綿100、ドレープ、光沢。
綿素材については、この3つがキーワードのようです。
細かいことは僕もまだよくわかっていないので、公式HPをご覧ください。
smoothday HP

現在は、HPの通販か、錦糸町のショールームでのみ販売を行っているとのこと。

そのsmoothdayの即売会が先週の土曜日まで開かれており、ちょうど数年ぶりに大学時代の集まりがあるので都内に行く機会があったので即売会に行ってみました。

ショールームのある小野莫大小工業の最寄り駅は錦糸町。
場所は、安藤製靴の前を蔵前通りまで出て渡ったら、左に行って、お寺のちょっと先のビルの6階です。
場所はわかりづらいので、事前によく調べていくのがいいと思います。
この辺の建物は、地番まで書いてある建物が多いので、建物の地番を見ながら通りを歩くとわかりやすかったです。

IMG_6455_convert_20151102021721.jpg

即売会開催中の看板が出ています。
これがないと、え、ここでいいの?と入るのをためらう感じの建物です。

エレベーターで6階に上がるとすぐ目の前にショールーム。
ああよかった間違いじゃないなと安心します。

店員さんというか社員さんなんでしょうか、対応はその生地感のようにソフトな感じです。
どうぞぜひ試着なさってくださいと勧めてくれます。
特にバスクシャツの試着を勧めてくれました。
ただ、同じ色柄の無印良品の物を昨年、妻にクリスマスプレゼントとしてもらっていたので、興味はあったのですが試着せずに、当初の予定どおり買ったのは上の画像のTシャツです。

あ、そうそう。
サイズは1~4とFの表記のものがあり、基本は1、2が女性、3、4が男性向けのようです。
3がM、4がLという感じのようですが、ものによっても違うので試着が大事なようです。
サイズが合っていないとせっかくの縫製とドレープも意味が無いから、だと思います。
僕はカットソーを買うつもりだったので、素肌に着るわけにはいかないだろうと試着をしなかったのですが、購入するときは展示品ではなくバックヤードから新品を持ってきてくれるので、遠慮無く試着した方が良さそうです。

そして昨日1日、着てみました。

IMG_6470_convert_20151102021809.jpg

確かにソフトな肌触り。
着心地もいいです。
気が付くと生地をさすさすと触っています。

僕はただ薄手でソフトなだけのTシャツは大嫌いで、だったらいっそガサッと重くて着ているぞ!という感じでガンガン洗濯機で回せるGILDANのようなTシャツの方が好きです。
しかし、このディオラマのTシャツはソフトながらしっかりしている感じがあり、なかなかいいです。
HANESの麻混の350円Tシャツのソフトさとも違う、ソフトながらしっかりしている感じ。
生地はHANESの麻混と同じくらい薄手なのでB地区の突出は防げませんが、HANESのように色まで透けてしまうことはありません。

Tシャツながらシルエットもすばらしいです。
脇から裾にかけての縫い目が前から目立たないように、若干後ろで、背の方に斜めに走っています。

平置きの状態ではゆったり目に見えますが、着てみると身体のラインに沿う感じになるのはドレープ感のおかげなのでしょうか、縫製、パターンにこだわっているからなのだと思います。

スウェット、パーカー、カットソーとカジュアルなものが多く、最上の日常着。
多くの人を魅了する理由がわかりました。

ただ今回かった綿だけでなく、smoothdayはウールもすごいです。
レジ横に置いてあったヤクのニットの手触りの破壊力がすごく、ストールをぜひ巻いてみてくださいと勧められましたが、そんなことしたらこれは買ってしまう!と、最近買い物をし過ぎなので冷静になるためにやめておきました。
妻にクリスマスプレゼントのためにという口実で買ってしまうか、いやいや。
でも、あの手触りが日常にあったら最高だと思います。


一つ、こちらの製品を買うにあたって気になった点。

それは洗濯。
こういうソフトな生地なので当然ながら手洗い、平置き乾燥推奨です。
手洗いの服があまり増えるのもちょっと考えものなんですよね。
関連記事
Theme: 日記 | Genre: 日記

コメント

No title

ほう、こういうTシャツもいいですね。
アメリカTシャツとはまた違う魅力です。

そういえば、先日私がブログに載せたTシャツメーカーの「久米繊維工業」の本社&直営店&ショールームも錦糸町駅から5分のところにあるんですよ。
浅草が靴の街であるように、錦糸町はメリヤスの街なんでしょうかね。

2015/11/03 (Tue) 21:08 | なおけんた #l18yNLao | URL | 編集
Re: No title

なおけんたさん

おはようございます。
そうですね。ガサッズシッとしたTシャツとはまた違った良さがあるようです。

久米繊維工業ですか。
調べてみて、次の上京時に足を伸ばしてみます。

2015/11/05 (Thu) 06:20 | mc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する