TOY|HG 1/144スケール ガンバムバルバトス



今季始まった新しいガンダム、鉄血のオルフェンズ、おもしろいです。

このプラモデルの購入は迷っていたのですが、第一話を観て、細身でアシンメトリーな身体で巨大なメイスを振り回す姿に、ちょっと無理があるのではとないかと思いましたが、すぐにAmazonで注文しました。

プラモデルの出来はHGシリーズながらよく出来ています。

IMG_6426_convert_20151028054259.jpg

IMG_6427_convert_20151028054324.jpg

かつて無いほどの可動を実現。
むしろ可動しすぎてポーズをつけるのが難しいくらいです。

IMG_6422_convert_20151028054129.jpg


この可動に寄与しているのが、フレーム構造。

今まで上級ラインのプラモデルのMGシリーズにしかなかったフレーム構造をHGにも採用。
MGは内部構造まで再現を目的にしたフレーム構造なのですが、このバルバトスは物語の設定上、旧時代の遺物らしく、装甲が劣化しているので倒した敵の装甲を奪って改修を行っていくため、それを再現できるというプレイバリューのためのようです。
敵のパーツを奪うというと、ワタルの夏鬼丸を思い出します。

IMG_6428_convert_20151028054350.jpg

抜群の可動域により、武器の両手持ちも余裕でできます。
なかなか武器の両手持ちができるフィギュアやプラモデルってないんです。

IMG_6424_convert_20151028054155.jpg

IMG_6432_convert_20151028054420.jpg

パーツによる色分けもしっかりされており、墨入れをするだけでも、かなり見栄えが良くなります。

IMG_6433_convert_20151028054442.jpg

バルバトスの本来の姿、バルバトス第4形態もパーツの差し替えにより再現可能。
第2、第3はおそらく敵の装甲を付けた状態のことなのでしょうか。

僕は第1形態の方が好きですね。

IMG_6425_convert_20151028054234.jpg

ホイルシールで色分けしている部分等の部分塗装とつや消しのトップコートを吹く程度の簡易塗装でも十分かっこよくなりそうです。
ボチボチと仕上げていきたいです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する