ベランダ緑化|ハーブの種を播いてみた



ラベンダーにリトライ。

6月ごろにラベンダーの苗を買いました。
ちょうど花が咲いていたものを買ったので窓を開けるとラベンダーの香りが部屋の中に入ってきて、とても気持ちが良かったのですが、水やりの仕方がまずかったのかあっという間に枯らしてしまいました。
ラベンダーは水やりをこまめにやる必要はないとのことで気をつけていましたが、あっさりと枯れました。

道端では、わさわさと生えているラベンダー。
鉢植えやプランターのような手をかけてしまう環境よりも、露地というか路地の環境のほうがしっくりくるワイルドな植物なのかもしれません。

また、あのいい香りのするベランダにしたくて、もう一度苗を買ってこようとしたのですが、さすがに10月には売っていませんでした。
そこで、ラベンダーの種を購入。
ちょっと種まきの時期にはズレていますが、ワイルドなラベンダーのこと、パラパラと播いて放置すれば生えてくるだろうと。

P1080196.jpg
あとラベンダーだけではつまらないから、ついでにローズマリーも購入。

さて、播くかと種まきの仕方を調べてみたところ、ローズマリーは直播きでよさそうなのですが、どうもラベンダーは栄養成分のない発芽用の土壌に種まきをして小さな苗まで育ててから、植え替えするとのこと。
なんて手のかかる植物でしょう。

育苗用の土は100均で買いましたが、育苗用のセルやポットは持っていないので、ネットで調べたら意外なものが活用できると書いてありました。

P1080194_2015101405344061d.jpg
透明なので見えづらいですが、玉子のパッケージです。

P1080205.jpg
こんな風に使います。
玉子の収まるスペースに水抜きのための穴を開けて、土を入れてやれば、育苗用のセルの代わりに。
蓋は水受けとして利用。
(ぐしょぐしょなのは土の表面が水を弾いているからです。)

P1080204.jpg
ラベンダーの種。袋にはこのくらいしか入っていません。
でも育苗するには十分。余ったものは直播きしてしまいました。
よく見ると、気持ち悪いです。

P1080203.jpg
さて、無事に発芽するでしょうか。

P1080199.jpg
ローズマリーの種は、こんな感じ。
ラベンダーよりも少ないです。

P1080207.jpg

これは直播きでいいとのことなので、プランターに直播きしました。

どちらも種播きしてから2週間くらいでバラバラと発芽してくるそうです。

今日で種まきから2週間ですが、一つも発芽していませんね。。。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する