日記|Anker 5ポートUSB急速充電器の使用感



小型の本体よりもしっかりとした電源ケーブルが問題です。

USBポート充電の機器が増えてきたので、購入したAnkerのUSB急速充電器。
パソコンのUSB充電ポートで充電するのは面倒だったので、amazonプライムデーを利用して購入しました。
Reboot 2015/07/16 「日記|Amazon プライムデーで何を買うのか。」

IMGP7609_convert_20151016060337.jpg

本体はかなりスマート。

しかし、これには太い電源コードが付きます。

IMGP7612_convert_20151016060351.jpg

かなりしっかりとした電源コードで、折りグセもついているので本体がコードに引っ張られることもあり、机の上で踊ることもしばしば。

思ったよりもスマートじゃあなかったなというのが正直な感想です。

スマートな見た目だけど意外と電源ケーブルが大きいといえば、Chromecast。
本体はちょっとしたUSBメモリくらいの大きさですが、本体の数倍大きな電源ケーブルがあります。

このUSB充電器は、言ってみればUSB版のテーブルタップ。
床上に置くと、充電対象の機器を床上に置くことになり、まったくスマートさはありません。
子供がいる家ではうっかりと踏みつけてしまいそう。
机の上で使うには、マジックテープのシールか何かで机の上に固定するといいと思います。
また、これは5口のタイプですが、僕にはなかなか5口どころか3口を同時に使用することも少なかったので、2口のコンセント直差しタイプの方がよかったかもしれません。

一見スマートなのですが、実際にどう使うかをよく考えて購入した方がいいでしょう。
実際、同時に5口使うのか。
どこに置いて充電するのか。
付属品はどのようなものなのか。

ネット通販では当たり前なのですが、僕は、この小型でスマートな本体のイメージに引っ張られて思い至りませんでした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する