日記|シルクジャスミンの剪定



伸ばし放題のシルクジャスミンを剪定しました。

妻と結婚してすぐに買ったシルクジャスミン。
特に意識したわけではなく、偶然にも花言葉は、「永遠の愛・友情・信頼・結婚」

しかし、それも伸ばし放題、水やり程度の管理をしていたら、徒長し、葉が無秩序にもっさりと。
なんとも重たそうな見た目になってしまいました。

そこで、剪定を行い、リフレッシュを図りました。
しかし、剪定というのはセンスが必要ですね。
徒長しているので、元気のない枝葉や大きすぎる葉をカットし、枝分かれをさせて、横に広がるようにしてあげたかったのですが。

IMGP7572_convert_20151012232710.jpg

茎の先をばっさりといく勇気がなく、枝だけ払ったら、なんともかわいそうな姿にしてしまいました。
それでも、茎はまっすぐになり、軽そうにはなりましたが。

土壌をハイドロカルチャーではなく、土にしてあげたらもっと樹勢が出てくるのかもしれませんが、室内用にしておきたいとのことなので、このまま様子をみます。
ニームなら葉がぜんぶ落ちて一本の棒になっても復活しますが、シルクジャスミンはそうはいかなそうです。




P1080206.jpg

もしものときに備え、払った枝葉を挿し木にしてみました。
これが根付けば、もしものときの保険になりますが、僕は挿し木成功率0%なのであまり期待はしていません。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する