日記||NARITA花火大会in印旛沼 10th



今年は無料観覧席にて。

このNARITA花火大会もかなり有名になったようで、有料観覧席のチケットは即完売し、今年は無料席での観覧となりました。
昨年の大会のときの記事→Reboot 2014/10/12 「Photo|NARITA花火大会in印旛沼 9th」

fc2blog_20151011113654000.jpg

無良席は、なんと田んぼの中。
稲刈りが終わった稲がそのまま残っています。
この辺は自転車で走ることもジョギングで走ることもあるので、たしか田んぼしかなかったよなと地図を見ながら確認していたのですが、まさかなと思っていました。

fc2blog_2015101111381989e.jpg

田んぼ脇の農道には屋台、奥にはきちんと仮設トイレが十数基設置されており、無料席への配慮も行き届いています。
早めに来て、レジャーシートを田んぼの真ん中に敷いてゴロゴロしているのもいいかもしれないと思いました。

fc2blog_20151011113851f26.jpg

無料席でもふつうに観られるとは聞いていたので、どうなのかなと思っていましたが、やはりその演出のすべてを楽しめるのは有料席です。
当然ながら、演出のすべては有料席に向けられているので、音響などはかすかに聞こえる程度。
打ち上げ花火は見えますが、下から吹き出すタイプの花火はすべて見えません。
トップの画像でも右下の方は山でちょっと隠れています。
無料席でも楽しめますが、音響と演出が合わさってのこの大会。来年はできれば有料席に行きたいです。


祭りが終わって。


無料席は、はなのき台という住宅街を抜けていくのですが、花火客が去ったあとはひどい有様でした。
表札の上にウコンの力の缶が並べられていたり、住民用のゴミステーションに花火客のゴミが山になっていたり。
暗くて見えませんでしたが、おそらく田んぼの中もゴミだらけでしょう。

これほど周辺住民に迷惑をかけるくらいなら、もう来年は無料席は無しにすればいいのではないかとも思います。
しかし、本来有料席がメインである花火大会であるのに無料席を設ける理由は、会場周辺で観る人たちを一箇所に集めて周辺の混乱を避ける、というか最小限にするためでしょう。

いくら成田が日本の玄関、おもてなしの街だとしても僕だったら嫌ですね。
タダで楽しませてもらう上に、住宅の近く、よその田んぼにおじゃまさせてもらって楽しませてもらっているのだから、せめてゴミは自分で持ち帰るのは最低のマナーであることは言うまでも無いはずなんですけどね。
関連記事
Theme: 日記 | Genre: 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する