日記|家にあるものでブーツの手入れ(オイルドレザー編)



昨年購入したブーツが下駄箱でクッタクタになっていませんか。
女性こそ、靴はきれいであってほしいです。

これから秋、冬と女性も本格的なブーツシーズン。
靴が好きな僕としてはこれからの時期はけっこうがっくり来ることが多いんです。

ブーツのかかとの部分(ヒールカウンター)がグニャグニャだったり、ヒールのゴムが削れきっていて樹脂の部分で歩いていたり。
ブーツの革自体がなんだか薄汚れていたり。

せっかくブーツシーズンになったからとブーツを履いているんだから、もうちょっと気を遣ったらきっともっと気持よくブーツを履けると思います。
本革だからとか合皮だからとかではなく、とりあえず濡らして固く絞った布でさっとひと拭き。
そうしてやるだけでずいぶんと違う気がします。

さて、僕の妻も今年、ブーツを履き始めました。
昨年僕が手入れをしてからそのまんまのブーツを。

乾燥しているな、なんだか薄汚れているようなと、なんでせめて乾拭きでもしてから履かないのかと思ってしまいます。

せっかくブーツを履くんだから手入れをしましょう。

ただ、ブーツの手入れって大変そう、手入れ用品なんて持っていないという人のために、家にあるのもで代用できないか、考えてみました。

考えてみたというか、僕もほぼこれと同じで、何を塗るかというだけの違いです。

IMGP7474.jpg

今回は、妻のオイルドレザーのブーツです。
オイルドレザーというのはちょっとタフそうな革のこと。

IMGP7472.jpg

こんな感じの革です。
これは乾拭きだけした状態です。
むしろ半年放置しても乾拭きだけでここまでキレイになるのだから、乾拭きだけでもOKかもしれません。
ただ、このブーツは僕が定期的に、シーズンイン前には手入れをしています。
まったく手入れをしていない場合は、乾燥しきっているかもしれませんので、乾拭きだけではキレイにならないかも。

IMGP7507.jpg

使ったのはこちら。

1.要らないタオルハンカチ
2.ハンドクリーム
3.履かない靴下(スニーカーインソックスがいいかも)

これなら靴用品は何も持っていなくても家の中にあると思います。

まずタオルハンカチを濡らして固く絞って、全体を拭きます。
上の方から下の方に、がいいでしょう。
靴底周りはどうしても汚いので。

IMGP7491.jpg

とくにクリーナーなどを使わなくてもこれだけ汚れが落ちます。

次に、保革。
革は我々の皮とは違って新陳代謝で維持されていません。
油分、脂分や水分を補給して上げる必要があります。
水分はきっとさきほどの水拭きで適度に補給されているはず。
あとは油分、脂分です。

IMGP7493.jpg

ハンドクリームを使います。
我々の皮に使えるのだから、きっと革にだって使えるはず。
ただ、革用に適正化されているわけではないので、その使用量には注意が必要です。
自分の手に塗りこむ量で塗ると、多すぎてシミになるかもしれません。

IMGP7494.jpg

指先に少しとって、それを手のひらでよく伸ばします。
自分の手が少ししっとりしたくらいだったらそのままブーツの革を撫でてあげてください。
べたつくくらいだと多いので、先ほどのタオルハンカチで拭ってから。

IMGP7497.jpg

そして、靴下で乾拭き。
全体をささっと乾拭きして、余分なクリームを拭き取るのと同時に、光沢を出します。
もちろん普通のタオルでもハンカチでもいいのですが、スニーカーインソックスを手にはめたほうがやりやすいです。
専用品のグローブもありますが、僕は今もこれを使っています。

IMGP7499.jpg

これで完成。

IMGP7505.jpg

ブーツの革も少し張りが出た感じがします。
手入れをしていないブーツには見えません。

ここまでで両方合わせてもせいぜい10分です。
IMGP7486.jpg

このブーツの場合は靴紐があるので、ちょっと面倒かもしれませんが、できれば外して手入れをした方が中のベロの部分までしっかりと手入れができます。
外した靴紐も、タオルハンカチで軽くしごくように拭いてあげるとキレイになります。

靴の手入れは難しいことはありません。
もし一つ挙げるとすれば、保革用のクリームの量。
これは靴磨きが趣味に近い僕も模索している部分です。

とにかく塗りすぎはよくありません。シミになります。
少ないかなくらいがちょうどいいのかもしれません。



ちなみに!

傷つきやすいような革、ソフトレザーの場合は、ハンドクリームだとシミになりやすいのでABCマートでもどこでもいいので、何かしら無色の靴用のクリームを買ってきた方がいいと思います。
安いのだと500円くらいからあるんじゃないでしょうか。
無色なら、黒だろうが茶だろうが使えるので1個あれば便利です。

よくあるササッと光沢出しのスポンジはちょっとキラキラしすぎるのでよろしくないと思います。

あくまで靴用クリームです。
ハンドクリームの代わりにそれを使ってあげればシミにならず、適度な光沢が出ます。
関連記事

コメント

No title

女性って、どちらかっていうと靴の手入れをしませんよね。
どうもこれは男の領分のような気がします。
よって、我が家も嫁さんの靴の手入れは私がします。

仕上げの乾拭きを靴下でするというのは私も同様です。
靴下は使いやすいですよね。
手にはめて、靴を包み込むように拭けますから。
私は破れた靴下を使ってます(もちろん、洗濯してからですが)。自分ではリサイクルと思っています。ナイロン混、ウール混のビジネスソックスが個人的にはお気に入りです。

2015/10/04 (Sun) 21:56 | なおけんた #l18yNLao | URL | 編集
Re: No title

なおけんたさん

コメントありがとうございます。
確かに女性は靴の手入れはしないですよね。
でも、僕の母は靴の汚れが気になる人で、僕が靴磨きを教えてもらったのは母からでした。
小学生のころも、泥だらけのスニーカーで学校に行こうとすると、濡らした布で拭かれたり。
なので、必ずしも女性がというわけではなく、爺さん臭い言い方をすれば、「最近の女性は」だと思います。

靴下、手のひらで靴の形に合わせて拭けるので便利ですよね。

僕も、穴が空いた靴下を靴の乾拭き用にとっておいていたのですが、そのうちけっこうな数になってしまい、
今は専用のスニーカーインソックスだけにしています。

2015/10/06 (Tue) 05:53 | mc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する