日記|10年モノとは



10年モノ、果ては一生モノという言葉。
実は10年モノなんて大したことがありません。

オリエンタルなお店で1,000円で買った布のペンケースは、ジッパーはよくわからないメーカーのものだし、特別作りがいい感じでもありませんが、気がつけばもう10年以上使っています。

10年モノというのは「10年の使用に耐えるモノ」という意味で使われています。

ただ、一概に10年モノと言っても、例えば靴とペンケースを比較すると日常の使用による負荷が違いすぎて、同じ10年モノであっても、要求される品質が違うので一括りに10年モノというのもどうなのか。

もちろん以前から書いているとおり使用状況にもよります。
ペンケースも靴も品質に関係なく、単純所持に近ければ、10年なんて余裕です。
(収集癖のある靴好きの10年靴ほど当てにならないものはないというのが持論です。)

この単純所持、もしくは登板回数が少なく負荷がかからないほぼ単純所持の状態。
これはもう10年モノとは言えません。

10年モノに必要なことは、品質だとか、うんちくだとかではなく、10年後まで使い続けるかどうか。

つまり、10年使えるモノではなく、10年使うモノかどうか。

買った時は、気合充分、10年モノだと鼻息荒いですが、いざ10年間使い続けるかというとそうではないことのほうが多いと思います。
案外、気合もなく、普通のテンションで購入したものが気がつけば10年間使い続けていたり。

このバングルもそう。
シルバーアクセサリーを集めた時期もありましたが、気がつけば、妻とのペアアクセサリーで付き合いで買ったこのバングルが最終的には10年経って、今も使っているモノとして残りました。
他はケースでお留守番が多いです。



もうこれは、購入するときは自分でもわかりません。
10年経ったら、20代の青年も30代の中年です。
30代は40代。
当然、風貌も社会的な立場等も変わります。似合うもの、相応しいものというのも変わってしまいます。
(これは、ファッション雑誌BOONの復刊したものを見るとこれはわかりやすいです)

スタンダードなモノ、オーソドックスなモノであればもしかしたらというのはありますが、10年モノ、一生モノなんて言葉は、「結果として~」というもので、買うときに息巻くものではありません。

だから、10年モノです、一生モノですと購入の喜びを露わにしている人を見ることがありますが、それは順番が違っていて、10年モノは「あとから気がつけば~」というようなサラッとしたもっと熱量の低い感じなのではないか。

最近、身の回りに日常的に使っていて気がつけば10年使っているモノが多くなってきたので、そう思いました。
関連記事
Theme: 日記 | Genre: 日記

コメント

No title

結果として10年・・・・なるほど。

私、ポーターのSANG(サンク)というシリーズのダッフルバッグを持ってますが、これが10年ものです。
革と帆布を組み合わせたもので、その雰囲気に惚れて買いました。
ものすごく酷使し、大事にせず(笑)、放り投げたりもしていますが、いまだに現役。
4角は擦り切れて破れ、底にはシミもありますが、くたびれた帆布&レザーと非常にマッチしていて、今の方がいい雰囲気になっています。
気が付いたら10年経ってました。
いつ終わってもいいくらいの気持ちで今後も使っていこうと思っています。

2015/09/30 (Wed) 23:04 | なおけんた #l18yNLao | URL | 編集
Re: No title

なおけんたさん、コメントありがとうございます。

帆布と革の組み合わせ、いいですね。
僕もちょうど旅行用のバッグを探していて、帆布と革のボストンバッグを買おうか考えているところです。

10年もの。
僕が20代のころに、これはもうずっと使うと決めて買ったものが、趣味嗜好の変化故かしっくり来なくなってしまいまして。
結局、10年使えるかどうかよりも、使うかどうかの方が問題だよなと。

2015/10/02 (Fri) 04:55 | mc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する