文房具|本気でシャーペンを選ぶ



なんとなく使っているシャーペンを、本気で選んでみた。

仕事で使う筆記用具は、職場で支給されるので、なんとなく使っているシャーペン。

最近は、いつの間にか手元にあったクルトガスタンダードを使っていました。

しかし、毎日仕事で使う筆記用具こそ最も気を使うべきかなーと思い、住んでいるちいきで最大の文房具売り場、ジョイフル本田へ。

ここはモンブランの万年筆が売っていたり、品揃えでは僕の生活範囲内では最大。
万年筆のインクもかなりの種類を揃えていて、侮れません。

シャーペンも100種類くらいあり、普通の100円程度のものから製図用まで。
価格帯は100円から2,500円まで。

文房具のメーカーやブランドはよくわからないので、試し書きした書き味(これは芯にも大いに影響されそうだけど)、握ったときに手にしっくりくるか、全体の重量バランスで選びました。

試し書きを繰り返し、気がつけば選び始めて1時間が経っていました。

書き味ではドイツ製のものと悩みましたが、握り心地、握りに重心がくる重量バランスと色でPentel GRAPH600を選びました。
価格は600円。

今まで使っていたクルトガは、その機構故に、書くときに少し芯が引っ込む感じが気になっていました。
その点、このGRAPH600は硬めで、芯が引っ込んだり、安いシャーペンにある芯がブレる感じは無し。

時間をかけて自分がしっくりくるものを選べたので、このシャーペンを使っていると気持ちがよく、文字も書き殴らず丁寧に書けている気がします。

毎日使うものは、しっかりと自分の感覚で選ぶと生活に彩りが加えられますね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する