TOY|ハセガワ 1/35メカトロウィーゴ ”みずいろ&ももいろ”



かわいくてつい購入。

今月の雑誌「フィギュア王」の表紙になっていたフィギュア、メカトロウィーゴ。
何やら流行っているようです。

数ヶ月前に、Amazonがオススメしてきて、なんかかわいいロボットだなと記憶の片隅にありましたが、フィギュア王を立ち読みしていたら、欲しくなり、すぐにAmazonで注文。
色はみずいろ&ももいろ。
本当はヨドコムが良かったんだけど、この色の在庫が無しになっており、Amazonで。
なお、注文したあとに見たら、在庫が復活していました。

このメカトロウィーゴは、メカトロボット製造会社「メカトロ中部」が開発した児童専用ロボットで、過疎での通学、レクリエーションに使用されることを想定し、強固なボディで子供を犯罪や事故から守るように開発されたという設定。

P1080107.jpg
パッケージもかわいい。

P1080109.jpg

部品構成は、こんな感じ。
一箱に、ももいろフレームにみずいろ外装の”みずいろ”と水色フレームにももいろ外装の”ももいろ”の2体が入っています。
ちなみにこれ以外の色展開として、読んでそのままの”あか&きいろ”、白×黒の”みるく&かかお”があります。

P1080110.jpg

塗装なしの素組(このまま組んでも)ある程度の色分けは出来ているようですが、塗装をするとこんな感じで、ヌラヌラとした光沢が出せるようです。
僕はマンション暮らしのため、塗装は無理、ではないんですが苦情が来そうなので要所のみ筆塗装して光沢クリアーで仕上げようと思っています。

そうそう、このメカトロウィーゴのプラモデルはハセガワというメーカーから2体セットで2,000円程度で販売されているんですが、千値練(せんちねる)というフィギュアのメーカーからプラモデルではない完成塗装済のフィギュアもされているようです。こちらは1体で3,400円程度。
完成塗装済なので、ヌラヌラテカテカとしたカーモデルのような光沢が楽しめるようです。
そちらも欲しくなってきてしまいました。

ーーーーリンクーーーー
ハセガワのHPのメカトロウィーゴのページ
千値練のHPのメカトロウィーゴ特設ページ




とりあえずみずいろをカンタンに素組。
かかった時間は、だいたい1時間ちょっとくらいですかね。
ガンプラのように接着剤不要で組み立てられるんですが、フレームだけは接着剤を使ったため、思ったより時間がかかりました。

P1080117.jpg

意外と小さかったです。
左にあるのは、iPhone6 Plusではなく、5Sです。
右にあるのはバッファローのマウス。

P1080121.jpg

P1080125.jpg

目と、テールランプの部分だけペンで塗装しました。
素組でも雰囲気は出ていると思います。

P1080119.jpg

可動範囲はこのくらい。
膝、肘関節は可動範囲が広くありませんが、十分な可動です。
むしろこのくらいがロボットらしいというか。

P1080123.jpg

ぺたんこ座りも可能。

このみずいろは、パーティングライン消し、表面磨き、墨入れ、クリアー塗装くらいで仕上げて、もっとヌラヌラテカテカさせたくなったら、ももいろで本気を出そうと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する