日記|引き出もの、悲しみの愛を見せろ



結婚式の引き出物をカタログギフトにするのはやめよう。

僕も自分の結婚式のときにはカタログギフトがいいんじゃないかとそうしてしまったんですが。

実際、自分の結婚式後に何回か結婚式、披露宴に出席する機会があり、そのたびに困ったのがカタログギフト選び。
一件を除いて他はすべてカタログギフトで、毎回頭を悩ませています。

このカタログギフト。
いろいろな品から選ぶというのも楽しみなのかもしれません。
しかし、価格設定がまた微妙というか絶妙で、届いてみると価格に対してお得感のある品はだいたい品質が百均以上ホームセンター未満ということが多いです。

経験から言うと、刃物系は危険ですね、だいたい切れ味が悪いです。

僕もカタログギフトにしたので、一人当たりの予算ごとにカタログのグレードが数段階あるのは知っています。
ああ、これはいくらのカタログだなとか思いながら見てしまう心の汚さ。

結局、お菓子とかが一番妥当かなってらところですね。
タオルは、ブランドネームばかりの普通のタオルだし、タオルって割とよくもらうからすでに十分な数があるんですよね。
消耗品だから、替えのタオルを、というのもありなのかもしれませんが、大体大事にしまっておくだけのことが多いような。実家がそうでした。

だから、そう考えると、やはり引き出物は一件あたりの予算の中で新郎新婦が選んだものの方が、もらう方もうれしい気がします。
その引き出物を選んだ理由なんかも披露宴で説明したりして。それは蛇足だと思えば説明しなくてもいいですけど。

確かに結婚式、披露宴前の準備ってものすごくいろいろ決めることがあって、ただでさえ忙しいのに、引き出物を選んで発注してという手間を省きたくなるんですが、そこはせっかく来てもらった方々に、予算の中でこれぞというものを自ら選ぶべきだなと、今は思います。

だいたいカタログギフトの一番低いグレードで1軒あたり3,000円程度だった気がしますので、その中で。

今だったら、その辺りの予算だったら、いいハンカチとか。
自分ではなかなかその価格のハンカチを買うことはないでしょうし、ハンカチならこの予算でもなかなかの品が買えるはず。持ち帰る際にも嵩張らないし。
また、なかなか自分では買うことがないいいハンカチを使うという体験をしてもらえるという。
結構グッドアイディーアだと思っていますが、どうでしょうか。

自分の結婚式のときに、妻に提案したとしたら、たぶん却下されたでしょうけどね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する