日記|革サドル、カビる。



それはそれは、ひどいことに。

7月梅雨明け前の長雨で、しばらく自転車に乗っていない間にどエライことになっていました。

カビ。


梅雨も明けたし自転車に乗るぞと駐輪場に行ったら、やけにホワホワ、水玉模様のファンシーなサドル。
おかしいなーとよく見てみたら、地獄絵図。

こちらもカビか。

確かに革サドルだからカビますね。
それに僕のマンションの駐輪場は、地下なので湿気がこもるんですよね。

Life Style Image
[0863-201507] 普段このブログでは取り上げないけれど、一般的には何故か必需品と思われている2つのお手入れ用品。でも実は梅雨時のカビ対策には強い味方だよ。革靴用のチューブのクリーナーでカビを除去。


こちらの記事を参考に、もう使うこともないであろうと思っていたチューブ型クリーナーでカビを除去しました。



どうにかお見せできるくらいにはなりました。

乾拭きすると、光沢も悪くない感じ。
なかなかいいですね。

昨年は週一は必ずジテツーしていたので、週に1日は必ず日光消毒、乾燥されていたからかカビ知らずでしたが。



そして、カビを除去したとはいえちょっと嫌な感じもありましたが、40キロくらいサイクリング。

サイクリング後は、サドルを引っこ抜いてベランダで3日目ほど日光消毒。
この連日の猛暑の日差しで完全殺菌出来たと思います。

そのあと、水で洗い流して再度、直射日光消毒。



やはり、革サドルも革靴と同じで定期的に履いてあげる、乗ってあげて、乾拭きなどの手入れをしてあげるのが一番のカビ対策です。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する