日記|スニーカーは革靴と比べてメンテフリーなのか



いや、スニーカーこそ手入れが重要。

革靴が苦手だという人に理由を聞くと、「手入れが面倒くさい」という人がいます。
でも、それって革靴だけに限らず、スニーカーも同じ。

どちらも手入れされていなければ、見た目によくないです。

特にスニーカーは、ナイロンなどの回復不能な素材が使われているので、痛むともう回復がきかないんですよね。
回復と書きましたが、正確にはごまかし。
革靴なら補色クリームを塗って、ワックスで磨いてやれば、光沢も出るからなんだか復活したように見せることもできるんですが、ナイロンなどの化繊はどうしてもそれができないですからね。

だから、僕は汚れが沈着してしまう前に定期的に洗っています。

P1070962.jpg


使うのは、このつけ置きタイプの洗剤。
スニーカーを洗うというと、靴用たわしでゴシゴシといってしまいそうですが、ナイロン素材のスニーカーをゴシゴシやると、アッパーの毛羽立ちや履き口の毛玉の原因になりそうなので、僕はつけ置き派です。

じゃあ横のブラシは何に使うのかというと、主にソールの汚れを落とすためだけに使います。
つけ置きするので、ソール裏の汚れを予め落としておかないと、土汚れはもとより、靴はいったい何を踏んでいるかわかりませんからね。

P1070963.jpg

中底とインソールの間には砂や埃が中にけっこう溜まっているので、インソールを外して、中を水ですすぎます。
それから、洗剤の説明書きどおり、もしくはちょっと少なめくらいに洗剤をバケツに入れ、40℃のお湯で溶かして、スニーカーをドボン。

P1070964.jpg

バケツが小さいのと、水に浮いてしまって全体が沈まないので、前と後ろでそれぞれ30分ずつ、つけ置きします。
全体が沈むサイズだったら30分1回で十分だと思います。

終わったら、全体をよく水で洗い流します。
足首周りの中綿が入っている厚い部分は、どうしても水流だけでは洗剤を落としきれないので、洗剤の入っていないただの水につけ置きして揉んであげるといいかもしれません。

P1070965.jpg

それを水を交換して何回か繰り返してあげると洗剤はほぼ落ちると思います。
靴を洗うときは、このすすぎをテキトーに行うと、雨の日に靴から泡を吹くというハズカシイ事態になるので、ここはしっかりと行う必要ありです。

そのあとは、天日干し。
P1070966.jpg
(隣には、日光消毒中のマナスルの姿が)

こういうメッシュのスニーカーだったら、革靴と違い、今の時期なら1日あればカラッカラに乾いてしまいます。
レザースニーカーはけっこう時間がかかりますね。

P1070967.jpg

スキッとキレイになりました。

スニーカーだって、一足けっこうなお値段がします。
手入れをせずに履いて、汚れるだけ汚れてボロボロになってきたら履きつぶしてポイではもったいないです。

しっかりと定期的に洗って手入れをしてやることで、けっこう長く使えます。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する