日記|カビ発生につき緊急対処。



カビを生やしてしまったら、そのあとの対処が重要。僕のカビ対処法。

雨に濡れたマナスルシューズP−1がカビてしまいました。
Reboot 2015/07/25 「日記|マナスル、カビる。」

カビが広がる前に、早急に対処しなければなりません。

P1070950.jpg

まずステインリムーバーで外も中もソールの裏もきっちり全体を拭き上げる。

それから、全体をアルコール除菌。

P1070952.jpg

今回、除菌用アルコールスプレーが切れていて、これしかなかったので、これで。

P1070953.jpg
まあ、除菌99%って書いてあるから、これで平気でしょう。

P1070954.jpg

中までしっかりとスプレー。

P1070957.jpg

そのあと、天日干し。
シューツリーも同様にスプレーして天日干し。


ちなみに、僕の靴の参考書「紳士靴を嗜む」(飯野高広 著)にカビが生えた際の対処が書いてありました。

1.コットンパフ等にカビ取りスプレーや消臭除菌スプレーを染み込ませてカビを拭き取る。
2.しばらくしてから、同様に今度は全体を拭き取る。
3.風通しのよい屋外に2、3日。できれば一週間天日干し。(カビ菌を死滅させる)
4.サドルソープで洗う。(死滅したカビ菌を洗い落とす)
5.再び、風通しのよい屋外で靴の内外がしっかり乾くまで天日干し。

なんと。フルで行えば、1週間から10日はかかります。

ちなみに前記事のコメントで、Sさんから、カビを防ぐにはソールの通気性を確保することが必要とのコメントをいただきました。
僕もその辺は心得ていたつもりで、湿気対策、通気性確保を目的として、靴の下に炭を封入したマットを敷いているんですが、今回はそれでもダメでした。

やはり乾燥が足りなかったのが大きいようです。
見た目には乾いたように見えても、靴の中底と革底の間には中物としてコルク等が詰めてあり、ここまで完全に乾かすことが必要です。
靴の丸洗いの際にはそこまで考えるのですが、雨の浸水だからと、そこまでしっかりと乾燥させなかったのが今回の失敗、カビ発生の原因だと思います。

まあ大丈夫だろう、が命取り。

カビはそのようなスキを突いて来る。
よい教訓になりました。

そういえば、毎年行っている靴の天日干しを今年は行っていませんでした。
いい機会なので他の靴も天日干し。

P1070958.jpg

ぜんぶで22足。
これでも減らしましたが、10足まではどうにか減らしたいです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する