REDWING 8875-⑤

靴もスカルプ




最近色が黒っぽくなってきたREDWING8875を
ひさびさにきっちり手入れをしてやろうと思い本気手入れコース。

いつもならば、LEXOLのクリーナーを使いますが、今回はサドルソープを使用。

P1010547.jpg

ひさびさだから中身が少し小さくなっているわ、缶が錆びているわですが、
問題なく使用できます。


P1010548.jpg

よく泡立てて、汚れが浮いたら泡ごと拭きとる。
使用方法はLEXOLと同じです。

で、一日、日陰で乾かしてJEWELブーツクリーム投入。
P1010560.jpg

奥がクリームを入れた状態、手前が乾燥した状態。
違いがわかりづらいですが。
本当はもっと画像があったんですが、画像だとぜんぜんわからないので省略。

P1010566.jpg

一気に完成品の3分クッキングです。


ちなみに、この記事を書くにあたり、過去の記事を見直しましたら、
なんかぜんぜん変化していないですね。

しかし、確実にソールは減ってきているので、そろそろソール交換しようかな。

というのは前回と同じ結びになってしまうので。

P1010571.jpg

靴底の茶色い層(ウェルト)の下に白い層(ミッドソール)があって底(アウトソール)が付いてますが、
どんなに頑張ってもミッドソールまでが踵の削れの限界点です。
ウェルトまで削れると、ソールの張替時に、ウェルトの付け直しが工程に加わります。
だいたい1万円くらいプラスオンです。
ミッドソールもお金を取るお店がありますから、本当はアウトソールまでで張替に出した方が
安く済むかも。
先日、職場で、あとちょっとでウェルトまで到達する8875を見たんですが、
持ち主に言えず終いだったため、こちらに書いてみました。
参考になれば幸いです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する