経年変靴レポ|三交製靴 ラギッドシューズS-3 -6



5ヶ月目の三交S−3の定期メンテです。

こちらの靴もP−1と同様に旅行に履いていく靴候補だったので、手入れをしてみました。

汚れ落とし 水拭き
保革 Tapir レーダーフレーゲクリーム(無色)



湿らせた綿布でささっとアッパーの汚れを落とし、ソール周りの汚れを拭き取り、Tapirのレーダーフレーゲクリームを
少量塗り込み、豚毛ブラシ、馬毛ブラシ、乾拭きの流れ。



程よい光沢。
新品時は、プラ製かと勘違いしたウェルトは、この5ヶ月の使用により、だいぶ革らしい質感を増しました。

あまり数を増やしても仕方ないんですが、可能であればシボ革かプレーンのストックを用意したい。
三交無き今、二次流通で新品が現れてくれることを願っています。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する