経年変靴レポ|REDWING 8268-14



一応、10年ブーツになりました。

10年モノのブーツとは言うものの、まだヒールを交換したことがない程度の頻度でしか履いていないのでたかが知れているんですけど。

以前、記事に書いたとおり、「靴好きの10年モノ靴ほどあてにならないものはない」を体現しているブーツ。
(どの記事で書いたか自分でもわかりませんでした。)

今回の手入れは、以前の記事で書いたとおり。

IMGP7361.jpg
汚れ落とし コロンブス スエードクリーナー
Reboot 2015/06/30  「靴用品|スウェードエンジニアブーツに泡タイプの汚れ落としは効果があるのか。」

IMGP7384_convert_20150716043535.jpg
保革    WOLY スエードカラーフレッシュスプレー
Reboot 2015/07/17 「靴用品|WOLY スエードカラーフレッシュスプレー」



IMGP7394_convert_20150716043826.jpg


IMGP7397_convert_20150716043948.jpg

こうして見ているとやはりこれは、いろいろちょうどいいブーツ。

WESCOくらいにゴツくなると合わせる服を選びますが、この8268くらいであればけっこういろいろ合わせやすいです。
Sherbetsの浅井健一さんは、金色のスーツに合わせていましたが、あれは本人のオーラで合わせているので、下手に手を出すと危険すぎることになります。
でも、スーツは無理でも、綿パンくらいなら行けますね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する