自転車|28Cから23C



やはり自転車のタイヤの重量の違いは大きい。

先日のツール・ド・つくばのためにPanaracerのPasera(490g)から同Closer(200g)に交換したタイヤ。
Reboot 2015/06/23 「自転車|ツール・ド・つくばに参加してきた。」

面倒、いや、時間がなくてまだそのまま。

交換してから山登りしかしたことがなかったので、平地ではどう変わるのかが知りたくて、パンクが怖かったけど何回かジテツーしてみました。

やはり軽い。
巡航速度は大きくは変わらないけど、立ち上がりの軽さが段違い。

もちろん泥除けやキャリアを外しているから、その分タイヤ以外にも軽くなっているのはあるんだろうけどタイヤの軽量化の恩恵がもっとも大きいのは間違いない。
明らかに漕ぐ足が軽い。

IMG_5138_convert_20150704100941.jpg

僕でも30km/h巡航できるくらい。

自転車に手を加えて最も変化がわかるのがタイヤ、その次がホイールらしい。
手軽に早くなりたいなら、金額的に一番手を出しやすいのはタイヤ。

これは、クセになる。
これに慣れたら、だるくって、もうパセラに戻れないかも。

早めに元に戻します。
ジテツーするのにスタンドとミラーがないのが、本当に不便で。
関連記事
Theme: 自転車 | Genre: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する