REDWING 8268-4

再度の禁じ手



前回からあまり経過していませんが。( →前回の記事 )

前回書いたとおり雪の中歩いたため、びしょ濡れになった8268を陰干ししたら
油分がけっこう飛びました。

P1010525.jpg


で、表面がカサついた感じだったので、KIWIウォータープルーフを再塗布。

ブラシに少量とって、馴染ませることを繰り返し。

P1010527.jpg

再びしわ部分に光沢が出ました。

一度にやるとギットギトにしてしまいそうなので、
少しずつ時間をかけて馴染ませるため、ほどほどでやめに。


それでも、フラッシュをたいて撮影すると、この光沢。

P1010529.jpg


ちなみに、右足のアッパーに見えるポツポツ見える斑点は、
試しに垂らしてみた水滴です。
ウォータープルーフで起毛がなくなったところの方が、染み込みやすいです。

撥水効果だけのためにウォータープルーフを塗る場合は、
起毛を殺さない程度の方が効果がありそうです。

というか、起毛に防水効果を与えるなら、

やっぱり防水スプレーが一番いいってことになりますかね。

僕はちょっと違った変化を楽しんでいるので敢えて変なことやってますけど。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する