靴用品|スウェードエンジニアブーツに泡タイプの汚れ落としは効果があるのか。



スウェードのレッドウィング8268を正しく?手入れしてみた。

過去、オイルを染み込ませたり、ワックスで磨いたり、LEXOLで丸洗いしたり。

Reboot カテゴリー「REDWING 8268」

今回は、試しにいわゆる一般的な、スウェード靴のお手入れをしてみようかと思う。

IMGP7361.jpg

汚れ落としにコロンブスのスウェードクリーナー。

IMGP7362.jpg

スウェードの汚れ落としのほとんどがそうであるように、泡タイプ。

キャップ上のブラシに泡を取って、ブラッシングして泡を拭き取るという手順。



汚れ落とし前は、こんな感じ。

IMGP7359.jpg

IMGP7360.jpg

つま先にスイカの汁が垂れ、黒くなってしまい、あまりに汚い。

IMGP7365.jpg

あとは黒く汚れた自転車のチェーンオイルが染み込んだ右足の内側。
ここもすっとキレイになってくれたらうれしい。

さっそく泡をブラシにつけてゴシゴシと。
IMGP7363.jpg

泡がふわふわと表面の汚れを浮かせて・・・というのを想像していたんが、スッと染み込む。
これ、拭き取れるのだろうか。

どうなのかなあと思いながら、全体をブラッシングして、拭き取れているのかわからないが、布で拭き取る。

IMGP7366.jpg

終わってみれば、確かになんとなく全体的にはキレイになっている。
つま先のスイカ染みは消えた。

IMGP7364.jpg

しかし、やはりオイル汚れには効果はあまりなさそう。



このあと、乾いたら、全体をスウェードスプレーをかけてブラッシングしてやる。

クリーナーだけでも、なんとなく手触りがよくなった感はある。

ただ、どうもこれでなくてはダメという感じはないんだけど、どうなんだろう。
普通に水拭きでも落ちるのではないか。どうせ起毛をブラシで起こすんだから濡れたっていいような。
このクリーナーのような専用品には革を保護する成分が入っているんだろうけど、1000円出す意味は、どうだろうか。
割りとすぐ無くなるし。

そういえば、以前にもこういう泡タイプのクリーナーを買ったことがあった。
でも、そのときに必ず専用のクリーナーである必要を感じなかったから、買わなくなったのを今思い出した。

ただ、あくまでこの8268はワークブーツだからというのはあるかもしれない。

次は、妻から誕生日にもらったREGALの58FRで試してみようと思う。
Reboot 2015/04/05 「BUY|REGALSTANDARDS 58FR」

本当はこれに使うために買ったんだった。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する