自転車|ツール・ド・つくばに参加してきた。



たまにジテツーのライトユーザーがどこまでやれるか。

ツール・ド・つくば。
霊峰筑波山のふもと平沢官衙遺跡から、不動峠、表筑波スカイライン、風返し峠、つつじヶ丘と上り基調のコース12キロ、単純高低差500mを自転車で走るというレース。

たまにジテツー、休日たまに4,50キロ乗る程度のライトユーザーが出場して大丈夫なのか。

■使用機材

IMG_5106_convert_20150622054736.jpg

機材というのもおこがましいが、いつものRiteway SONOMA D。

いつもと違うのは、泥除け、フロントキャリア、スタンド、サイドミラーを外してあること。
そして、タイヤはジテツーメインのためパンクしないように28Cのアメサイドタイヤパナレーサーのパセラを履いているが、今回は決戦仕様。

IMG_5080_convert_20150622055405.jpg

IMG_5082_convert_20150622055444.jpg

パナレーサークローザー23C。
初めての23Cを投入。
横画像しかないけど、縦から見るととても細い。
パセラは400gくらいあるんだけど、このタイヤは200g。
でもこれ、練習用タイヤらしい。

□レース
結果から言うと、タイムは48分弱でクラス3/4くらいの順位。
決していい成績ではない。

ただ、当初の完走するという目標はどうにかクリアできた。
チェーン脱落からの落車、ガードレールクラッシュしたので、完走もちょっと危うかったが、幸い、大きなケガはなく、故障もなく、チェーンをはめ直してレース復帰できた。

翌日、ひげ剃りながら、アゴのちょうど正面から見えない角度の位置に、ぶつけた痕を発見。
もう少しでジョージ・クルーニーばりのハンサムなアゴになるところだったようだ。
あとはガードレールに背中と後頭部をぶつけており、その際にちょっと首を捻挫したようで、首の後ろが重い。

その衝撃は、これが物語っている。
IMG_5107_convert_20150622054759.jpg

バックポケットに入れていたiPhoneの液晶保護用のガラスシートが割れていた。
ゴール後に割れていることに気が付き、液晶が逝ったかとかなり落ち込んだが、幸いシートのみ。

本当に、「ヘルメットがなければ即死だった」と赤い人が言っていた言葉を噛み締めた。
自転車に乗るときは、ヘルメットをかぶりましょう。
僕は中学校の通学からかぶっています。

IMG_5115.png
Runtastic Roadbikeでとっていたデータによるとコースの構成はこんな感じ。
意外と下りも多くて、下りもしっかりと気合を入れて走らないと上りで抜いた人に抜き返されることになる。

IMG_5116.png
中盤以降、速度が上がっている区間が下り。
全部で3箇所あったことか。
4個目の山は、坂道でスパートをかけて落車したときだと思う。
落車していた時間はいったい何分あったのか。
これがなければもうちょっといいタイムだったかもしれない。
しかし、上りで時速20キロちょっとからの落車だったからまだよかった。
これが下りで、スピードが30キロ、40キロと出ていたらと想像すると、ぞっとする。
アゴだけジョージ・クルーニーでは済まなかっただろう。
全身ケツアゴ状態。

□感想

正直、意外といけるなと思いました。
いけるというのは、別に新たに自転車を買わなければまったく話にならないというわけではないということがわかったということ。
成績はイケてません。
普通の成績、たとえばちょうど真ん中の順位くらいまでだったら、おそらく今大会の参加車両の中でもかなり重い方のソノマでいけるということ。

というのも完全に後半は、自転車が重くてどうこうというよりも、エンジンたる僕の性能がダメだった。
少なくとも40分切りを目標にするなら、ソノマで大丈夫だと思う。

それならあとは僕が鍛えればいい話。
それはお小遣い制パパさんにはうれしい話。
ニューマシンを購入するために貯金をするよりも手っ取り早い。

今回、ツール・ド・つくばのようなヒルクライムレースに参加しようと思ったのは、ニューマシンが欲しい欲しいと思っている自分にニューマシンが必要であるのか、今の自転車ではもう限界なのかを知りたかったからというのもある。

実際、こんなカンチブレーキ、ダブルレバーの自転車で参加している人なんかおらず、かなり場違い感ビシバシだったんだけど。
それで周りの人に完全に自転車のせいで負けるようだったら、年内にカーボンキラーと言われるアルミロードを買おうと考えていたんだけども。

僕自身にまだ鍛える余地があるというのがよくわかった。
自転車よりも僕自身がヘボかった。
ニューマシンを買うより、室内練習用にスピンバイクを4万円くらいで買った方が安いし、速くなれそうだ。

1年間鍛えて来年もソノマで出場しようと思う。


最後に、こういう大人が思い切り遊んで楽しめる場を提供してくれた運営の方々、大会に協力してくださったコース周辺の住民の方々、倒れていた僕に声をかけてくださった選手の方々、コース上で応援してくださった方々に感謝します。
ありがとうございました。

とても楽しかったです。
前半は楽しくて口元に笑みが、後半は苦しくて泡がこぼれました。
関連記事

コメント

お疲れ様でした

おはようございます、ていじんです

ツールドつくば完走おめでとうございます
この自転車、さらに落車有でこのタイムは凄い

次はスピンバイク、またはローラーですか?
ローラー生活も中々に楽しいです♪

2015/06/23 (Tue) 05:35 | ていじん #kPpIYUDo | URL | 編集
Re: お疲れ様でした

ていじんさん、コメントありがとうございます。

自分では40分は切れるだろうと思っていましたが、ぜんぜんダメでした。

自宅がマンションのためローラーはきびしく、気軽に乗るならスピンバイクかなと思いますが、
今度は置き場所が問題に。
悩みどころです。


> おはようございます、ていじんです
>
> ツールドつくば完走おめでとうございます
> この自転車、さらに落車有でこのタイムは凄い
>
> 次はスピンバイク、またはローラーですか?
> ローラー生活も中々に楽しいです♪

2015/06/25 (Thu) 00:51 | mc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する