日記|父の日に、無印の白磁マグに絵付けはどうか。



けっこういいと思います。

明日はもう父の日。
何をあげようか迷っているうちに当日を迎え、まあ今年はいいかはよくあるパターン。

でも、今からでも十分に間に合います。

無印良品の白磁の食器に絵付けができる、「おえかきペン 陶磁器用」というペンがあります。
ペンは5本入ですが、上下で色違いのため全10色。

(太)ペールオレンジ:(細)黄
(太)パステルピンク:(細)赤
(太)ライトブルー:(細)青
(太)ライトグリーン:(細)緑
(太)茶:(細)黒

このペンを使ってお絵かきをして、オーブンで20分焼けば、定着します。
洗って絵が落ちるということは、今のところありません。

このペンは、こども食器・磁器、白磁、磁器ベージュの製品であれば使えるそうです。
上の画像は、白磁マグカップ325mlです。

これを使って本気でオリジナルの柄の食器を作るとしたら、かなりハードル高いですが、子供が落書きやメッセージを書くには十分。
むしろこういうものは、そういったおしゃれな感じにしたいだとかの邪念がない方が、うまくいくものです。

白磁のマグカップが750円、おえかきペンが900円なので、全部で1,650円。
Francfrancあたりで普通にそこそこのマグカップが買えてしまいますが、父の日は感謝の気持ちが重要ですから。

ちなみに僕は、誕生日に子供からもらいました。
3才にして、曲面にこれだけの絵が描けるのはなかなか。
さすが芸術肌のABC型だと感心しています。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する