Leather|17年モノ革ベルト、逝く。



経年変化の向こう側。

このベルト、確か以前にも記事にしたことがあるが、高校2年生から使っているベルト。
もう17年以上前に購入したものだ。

購入したのは、千葉にあったアルフレッドバニスターにて。
店員さんに長く使えそうなベルトを、と言ったら、これを紹介された。

s-IMG_4932.jpg

厚めの革だから長く使えるよと言われた。

s-IMG_4931.jpg

ゴツく重いバックル。
脱ぐときにゴツリと足の甲に落とすと、かなり痛い。

s-IMG_4935.jpg

ベルト部分の革は、ひび割れているが、まだいける。

s-IMG_4934.jpg

でも、バックル保持部分がビーフジャーキーになってしまった。

s-IMG_4936.jpg

ここ数年ギシギシいっているなと思っていたが、ビリっと破けた。

使い切った。

17年前に6,000円で買ったベルトとしては、これはもう使い切ったと言っていいと思う。
店員さんの言ったことに間違いはなかった。

モノにこだわる人は、逸品を探し集めるうちに、モノばかり増え、使い切れずに望まぬ形で一生モノとしてしまうことが多いと思う。
予想だけど、間違いはないと思う。
使い切ることはない。

このベルトは使い切られて幸せだったはずだ。
そう思いたい。

そして今朝、バックルだけ残してゴミ袋にさようならした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する