iPhone|超薄膜強化ガラスフィルムを試してみた



保護シート張りが苦手なら硬質タイプがおすすめ。

iPhone、androidなどスマートフォンの画面の保護シート。
僕はあれを貼るのが苦手で苦手で、気泡2個なら許容範囲、1個なら成功というレベル。

気泡が入る、貼り直す、気泡が入る、シートがヘタる、ぐしゃぐしゃポイがいつもの流れ。

でも気泡が入っていると気になるので、逆に多少キズが付こうがシートがない方が精神衛生上いいくらいだ。

そんな僕が1年前にどうにか大成功した保護シート。
気泡は当然入ったが、すべて追い出すことに成功した。

それも最近スクロールする際に付いたであろうキズなどが目立ってきたのでシートを貼り直すことにした。
でも薄いシートではせっかく買っても失敗する可能性大。

そこで硬質ガラスタイプのシートを試してみた。
硬いからよれることがなく、硬質タイプならどんなに下手くそでも気泡が入らないというアドバイスをもらったから。

そこまで言うなら試しにと「超薄膜強化ガラスフィルム 0.33mm ラウンドエッジガラス」という商品をAmazonで購入してみた。

AmazonならiPhone5用はもう全体的に安くなっており、その中でも安かったものを220円で購入。
(今見たら180円だった)

届いた商品がこちら。

P1070757.jpg
なんだか想像していたのと違うが。

P1070759.jpg

う、これはコンドー・・・ではなく、液晶画面を拭くシート。
1のウェット拭いてから、2のドライで磨き上げてからシートを貼るという手順。

P1070761.jpg
イヤホン穴とボタン穴を合わせてそーっと置く。
画面真ん中を軽く押してやると、すーっと張り付いていく。

気泡もなく、すごく簡単にキレイに貼れた。

シート張りが苦手だという人は、硬質タイプがおすすめ。
下手くそな僕でもカンタンにできた。

もちろん貼り付ける面の清掃は入念に。

P1070763.jpg
うーん、使用済みのアレにしか見えない。


今回、ラウンドタイプ(フィルムの端が切りっぱなしではなく丸くラウンドしている)を選んだけど、そんなにラウンドしていない。
また、0.33ミリは硬質フィルムの中でも厚い方のようで、ざっと検索すると0.2ミリのものが主流のようだ。

P1070782.jpg
おかげでセンターボタンを押すときに、フィルムの厚みからボタンが奥まって感じるようになってしまった。

iPhone5用なら有名メーカー製のものでも1,000円以下まで値下がりしていることから、名のしれたメーカー製の0.2ミリ、ラウンドタイプのものを買ったほうがいいだろう。

僕もこのシートが剥がれてきたら、張り替えるつもり。

ただ、それでもこのガラスフィルムのツルツル感は気持ちいい。
子供がベタベタ触っても、拭き上げればすぐにさらさらになる。

シート貼りが苦手という方。
失敗して何回も買い直すなら、多少高くてもガラスタイプを試してみると、いろいろ気持ちいいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する