Leather|ぺしゃんこになったパスケースをふっくらと。



ケツポケで3年以上プレスされ続け、折り目からぺしゃんこになったGANZOのブライドルレザーパスケース。
広げても、折り目くっきり。

もらった当初はこんなピンとした姿だったのに。
P1010133.jpg
Reboot 2011/12/28 「GANZO ブライドルレザーパスケース」

今やこんな姿に。
P1070714.jpg

Reboot 2015/05/12 「経年変化レポ|GANZO ブライドルレザーパスケース-5」


これをどうにか直したい、とちょっと試してみた。



革は濡らせばある程度癖つけや整形ができる。

P1070805.jpg

そこでこの折り目の辺りを中心に水でしっとりさせる。

P1070806.jpg

で、雑誌でプレスすればまっすぐになるかなーと思ったんだけど。
どうもうまくいかない。
一枚の革だったらうまくいくんだろうけど、パスケースだと折り目の左右に厚みがあるので折り目にうまく荷重されないからだろう。

そこで。

P1070810.jpg

このように雑誌の背を挟んで、さらにこれを雑誌で挟んでみた。

そして半日ほど放置してから取り出して、保革。

今回は、これを使ってみた。

P1070808.jpg
コロニルプレミアムディアマント。
もう廃番だし、高かったからもったいなくてほとんど使っていない。

P1070809.jpg
蓋裏にアイスクリームのように付いたものをちょびちょび使っていたくらい。

これを指先にちょっととってササッと塗りこんで乾拭きした。

P1070811.jpg

折り目がふっくらと。
そして、ディアマントのさらっとした輝き。

蘇った。おお、ブライドルレザーパスケースが蘇った。


革に一度ついたクセはなかなか消えない。
革靴だってアッパーについたクセがそのまま最後まで残るように。

この折り目ふっくらも、きっと少し潰せば元どおりのぺしゃんこになってしまうかもしれない。
たぶんなるだろう。

もっと革をビッタビタに濡らして丸棒を挟んで圧と時間をかければあるいは。
でも、ただでさえ折り目で負荷がかかっている箇所なので、このパスケースについては無理はさせられないので、この辺で様子をみる。
関連記事

コメント

No title

水を使うというのは正しい選択だったんでしょうね。

私、先日自分のブログに書きましたが、「靴のハシモト」の橋本さんに、緩んできたブーツの調整をお願いしたところ、「水を使って縮める」という驚愕の方法を聞きました。
確かに、革は濡れてそのままにすると縮み、負荷をかけると伸びるそうです。
ですから、水を使ったクセ取りは正しい方法なんではないでしょうか。逆にクセ付けも水でできそうですね。

勉強になりました。

2015/05/18 (Mon) 19:36 | なおけんた #l18yNLao | URL | 編集
Re: No title

シューストレッチも同様に、湿らせて伸ばす、ですからね。

レザーカービング体験でも、同様に湿らせて型で叩く感じでした。

革の整形には水、ですね。

2015/05/20 (Wed) 12:34 | mc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する