経年変靴レポ|REGAL 315RBD-10



ガラスレザー、僕は嫌いじゃないです。

じゃあもう一足買う?と聞かれたら、うーん次はカーフで・・・と答えるけど。

実は、三交製靴の在庫処分品のストレートチップにアタックしたけど、売り切れだったのは内緒だ。
ガラスレザーが好きと言っておきながらなんで三交製靴のストレートチップを?という話なんだけど、
ガラスレザーって手入れをすればするほどピカピカと輝くんだよね。
まさに窓ガラスとかみたいに。

P1070710.jpg
キラリン

これが、結婚式とか慶事ならいいんだけど、法事とかだとなんだか一人足元が輝いていて気になる。
ビットローファーとかの人もいるくらいだし、みんなそこまで気にはしてないだろうけど。

P1070707.jpg

お祝いごとなら最大級の輝きでいい。

でも、どうも法事には合わないかな。

P1070709.jpg

今回は、ユニクロのアンクルソックスでキュッキュと乾拭きしただけで、この光沢。

実は僕、コードバンとガラスレザーの区別があんまりつかない不感症野郎。
電車で、お!かっこいいなー光沢が出ていてこれがコードバンかー!とよく見てみたらガラスレザーだったこと多々あり。

もう僕はコードバンではなくガラスレザーでいいじゃないかとそのとき思ったくらい。

ガラスレザー。
革靴紳士たちには馬鹿にされる立ち位置だけど、実際便利。
雨なんか弾き返すし、乾拭きしておけばキレイさを保てる。
よほど汚れても濡れ拭き、乾拭きで元通りにキレイに。
この辺は、ガラスと同じだな。
しかもこの靴、ラバーソールだから雨を気にする必要皆無。

雨が降ったらコンビニ袋をかぶせましょうというコードバンの靴よりもよほど使いやすい。
(実際そこまでする人はいないだろうけど)

靴として、どちらが優れているか。
靴によほど興味がある人以外は、ガラスレザーの方が靴として完成していると言うだろう。

そこまで言い切ると反論が怖いんだけど、モノとの付き合い方って人それぞれだと思うんだよね。
汚れるたびに、ああ!このスペシャルクリームでケアおー!なんて人、人口の10%に満たないと思う。

そうすると、身だしなみとして、靴が汚れておらずキレイという最低限のラインを多くの人にクリアさせることができるのは、このガラスレザーの靴。
ささっと乾拭きするだけでかなりキレイになるから。
リキッドシャインみたいな謎の液も、スペシャルなクリームもいらない。

やわらかめの布だけ。

ガラスレザー、やはりいいなとこの靴を磨くたびに思う。

もちろんカーフの靴も欲しいんだけど。
ああ、本当に惜しかったな三交製靴のストレートチップ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する