経年変化レポ|GANZO ブライドルレザーパスケース-5



ケツポケの被害者2。
先日のDaniel&Bob DUCA2に続き、ケツポケ左の住人、GANZOのパスケースを手入れ。
Reboot 2015/05/10 「経年変化レポ|Daniel&Bob DUCA2 ~2年6ヶ月経過~

ちなみに前回の経年変化レポ。
Reboot 2013/06/01 「【経年変化レポ】GANZO ブライドルレザーパスケース-4」

ほぼ2年ぶりのレポ。
このときには、
”使いやすさを捨ててまで、理想のエイジングを追求するのはエイジングではないと思っているので、毎日ズボンの後ろポケットに突っ込んで使っているパスケース。
それゆえ、どうしても型崩れもしますが、それも含めてのエイジングだと思っています。”

なんて書いていますが。

P1070716.jpg

こんなに折り部分がぺしゃんこで、ちょっとひび割れ。

P1070722.jpg

内側もなんだか薄汚れてしまったエイジングというより経年劣化してしまった結果を見てしまっては、もうはっきり言って、間違いでしたと認めざるを得ない。

P1070713.jpg

DUCA2と同様にサフィールのユニバーサルレザーローションで手入れ。

汚れを落としつつ保革、ちょっと置いてからブラッシングと乾拭き。

P1070728.jpg

クタクタ感は、若干回復。

P1070727_20150512070527518.jpg

内側は、どうしても薄汚れた感じが落ちなかった。
ステインリムーバーを使ってみようかと思ったけど、やめておいた。

もう認めざるを得ない。
購入当時と見比べると、「あーあ」という声しか出ない。
Reboot 2011/12/28 「GANZO ブライドルレザーパスケース」

ケツポケは、貴方の大事な革製品を傷め、みすぼらしくし、その寿命を短くします。

やはりせっかくのいいモノだったら、神経質になる必要まではないけど、キレイに使いたい。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する