日記|ハーフラバー、最初に貼るか?後から貼るか?



革底、レザーソールの革靴やブーツにはそもそも貼らない、そんなのは邪道だという方には関係ない話ですが。

僕は、革底のブーツや革靴にはラバーを貼る派。
その理由は、滑らないし、オールソール交換よりも安いから。
ただ、革底派(ラバー邪道派)に言わせると、それは革底の利点をすべて損なうものらしい。

本題に入る前にその辺をちょっとまとめると。

革底派の意見
1.ラバーは革底のソフトなある着心地を損なう。(↔革底はソフト)
2.ラバーを貼ることで革底が呼吸(通気、透湿)できなくなる。(↔革底はできる)
3.ラバーを貼ることで、ソールにラバー分の厚みが出てしまう。


大体こんなところではないかと思う。
革底の利点は、それぞれの逆ということで。

続いてラバー派の意見は、

バー派の意見
1.革底は滑る。(↔ラバーを貼ったほうが滑らない)
2.革底はオールソール交換費用が高い。(↔削れてもラバーを貼り直すだけな分、交換代が安い。)
3.革底は路面が雨などで濡れていると履けない。(↔ラバーは履ける)



なんとなく、これってAppleウォッチ論争に似ている気が。
ざっくりと言ってしまうと趣味の品として見るか、実用品として使い倒すかの話だと思う。

僕の立ち位置は、その中間でちょっとラバー寄りくらい。
雨の日に滑って子供と階段から落ちたことがあるドジっ子なので、なるべく滑らないほうがいい。
滑る滑らないはヒールのトップリフトも大いに関係するんだけどね。

さて本題。
革底にラバーソール、ハーフラバーを貼るとして。

そのタイミングっていつだろうか。

靴修理屋さんに聞いたところによると、一番いいのは履きおろす前、新品時がいいらしい。
理由は、ラバーが貼りやすく、はがれにくいから。
確かに歩いていて途中でラバーが剥がれると、最高に気分が悪い。

ただ、貧乏性の私は、それももったいない気がする。
ハーフラバーの厚みを出さないためと接着剤の食いつきをよくするためににちょっと削ったりするんだからある程度履いてからでよくないかなと。

それにせっかく革底なんだから、その履き心地も試してみたい。

だから僕は、後張り派。

まず革底の靴であれば、革底のまま履く。
ある程度履いて、革底の真ん中あたりが削れてペコペコして薄くなったなーという感じになったら、ラバー貼りに出す。

こうすることで、革底とラバーの両方を楽しめる。

貧乏性ですかね。

ただ、最初から貼らないからこその発見があったりする。
革底としての履き心地と、ラバーを貼ってそれがどう変わるかとか。

P1070608.jpg

これは三交製靴のマナスルシューズP-1のソール。
ヒールの手前に、飾り模様がある。

P1070609.jpg

革底の手入れをしていて気がついたが、アウトステッチに沿う形でこの飾り模様があった。
これによってアウトステッチが目立たない工夫をしているんだなーという発見とかね。
最初からラバーを貼っていたら気が付かなかった。

以上のことからラバーを貼ることを前提として、最初に貼るか後から貼るか。
僕は、同じ費用がかかるなら、革底とラバーの両方が楽しめる後張り派です。

プロに頼めばなかなか剥がれるということもないし。
関連記事

コメント

No title

私も後貼り派です。

ただ,革底に通気性や透湿性があるかというと,大いに疑問です。 底付けの際,出し縫いを施す場合でも,レザーソールの内側にはべったり接着剤を塗りますし,中底側には接着剤の入った練りコルクかコルク板を貼ります。
これでは,レザー自体に通気性・透湿性があっても,靴の内部は湿気も空気も接着剤とコルク(中もの)によって遮断されますね。
ですから,ラバーを貼る貼らないは靴の通気性・透湿性には関係ありません。実際,プロのリペア職人が断言していますね。
靴の中が蒸れる蒸れないは,アウトソールではなく,中底自体の吸湿性によるところが大きいと思います。したがって,中底は絶対レザーですね。これをラバーにすると(そんなの見たことありませんが)大変なことになります(笑)。中底が紙というのは見たことありますが。

はっきり言って,アウトソールについて機能性で見た場合,レザーソールはラバーソールにはかないません。

じゃあ,お前は何で後貼り派なのかということになりますが・・・・。

一番の理由は,レザーの感触が好きだから。レザーソールの音がすきだから。レザーの見た目が好きだから。要するに革好きだからです。
それから,経年に対する耐久性はレザーの方が上かなと思います。ウレタンの加水分解や,ゴムの硬化に対して,という意味ですが。

私も革底を十分に楽しんで,まずは先っぽがすり減ってきますので,そこにラバーを貼ります。
接地面全体にラバーを貼るのはその後,ずいぶん後になってからとなりますね。
ただし,これはグッドイヤーの靴の場合です。
マッケイの靴の場合は,オールソールに対して靴が弱いそうなので,比較的早い段階でラバーを貼りますね。

雨の場合は,革底にラバーを貼った靴ではなく,完全ラバーの靴に任せます。

履いていてうれしいレザーソール,安心して履けるラバーソールという棲み分けですね。

2015/05/11 (Mon) 10:32 | なおけんた #l18yNLao | URL | 編集
Re: No title

なおけんたさん
記事を完全補足する、むしろ記事よりも濃い内容のコメントありがとうございます。

まさに仰るとおりだと思います。
結局のところ、革靴自体が性能を追求するというものではなく、趣味性を少なからず持ったものであることから、そこはお好みで、というところなんでしょうね。

だから、どちらがいい、どちらでなくてはならないというのも野暮というものなんだと思います。

2015/05/12 (Tue) 06:43 | mc #- | URL | 編集
ハーフラバー

先に貼りますが 反りがついてどこまで貼ればいいかわかるまでは履きます。
理由は主につま先の痩せが嫌だからです。
靴も貼る事前提で先ゴムタイプのレザーソールを選んだりします。
機能的にはラバーソールが好きですが コバの色や形状 ソールの厚さも選びたいです。
オールソールがもう少し安価で(吟積みダブルシャンク スペードソール コバ仕事 シャンク 詰め物きっちり交換で1万くらいなら) リスクが少ないならやるのですが 実際は 1万8千円〜で結構ハイリスクなので コバが痛むか修理が必要になるまでは 延命したいです。

2016/06/24 (Fri) 11:02 | 通りがかり #- | URL | 編集
Re: ハーフラバー

通りがかりさん

コメントありがとうございます。
つま先の痩せというのは、つま先が削れてしまうことでしょうか。
確かにラバーを張る際に革を盛ってくれますが、そこが剥がれの原因になったりするので
後張りのマイナス点ではありますね。

オールソール交換は確かになかなかな金額ですよね。
リスク。確かにリスクもあると僕も思います。
靴の工場での底付けと同等以上の技術がある修理屋さんって実はあまりないですよね。
履き心地もけっこう変わりますから。

ご意見、ありがとうございました。

> 先に貼りますが 反りがついてどこまで貼ればいいかわかるまでは履きます。
> 理由は主につま先の痩せが嫌だからです。
> 靴も貼る事前提で先ゴムタイプのレザーソールを選んだりします。
> 機能的にはラバーソールが好きですが コバの色や形状 ソールの厚さも選びたいです。
> オールソールがもう少し安価で(吟積みダブルシャンク スペードソール コバ仕事 シャンク 詰め物きっちり交換で1万くらいなら) リスクが少ないならやるのですが 実際は 1万8千円〜で結構ハイリスクなので コバが痛むか修理が必要になるまでは 延命したいです。

2016/06/24 (Fri) 17:09 | mc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する