靴用品|ミンクオイルをブーツに塗ってはいけないのか



ミンクオイルについてようやく自分の中で答えが出た。

ミンクオイル
主成分は動物のミンクからとれる動物性の脂肪。
動物性の脂なので革にはよく馴染む。


「ブーツ玄人(というものがあるのか)は、手入れにミンクオイルは使わない」
みたいな風潮がある。

え、ミンクオイルで手入れしてんの?初心者だねーというような。

僕はこれに類することを言う人の話はだいたい右から左に受け流すんだけど、ミンクオイルのいったい何がまずいと言われるのか。

それは、型崩れの原因になるという。

なるほど、確かに購入から4年くらいミンクオイルで手入れをしていたチペワのエンジニアブーツのシャフトは確かにもうグズグズだ。
→ Reboot 2014/12/27 「経年変靴レポ|CHIPPEWA 27899-9」

ただ、本当にそこまで柔らかくなってしまうんだろうかとイマイチ実感がなかった。

が、先日HERZのソフトダレスを手入れしたときに、いつもはマスタングペーストを使うところ、なんとなくミンクオイルを使ってみた。

すると、それまではなかなか馴染まず固かったショルダーストラップが翌朝にはしなやかになっていた。

P1070642.jpg

たった一晩での変化。
確かにミンクオイルが革を柔らかくする効果はある。

ではそれがミンクオイルがダメだという理由になるかというとそうではない。

ミンクオイルは、逆に手入れに慣れた人向けのものということだと思う。
初心者はニベアを手に塗りこむようにたっぷりと、そして頻繁にミンクオイルを塗りこんでしまうからグズグズトロトロのブーツの出来上がりにしてしまう。
手入れに馴れた人が極少量を塗り伸ばして使用する分にはとても便利なものであるはず。

手入れがしばらくされていなくて、固くなってしまったブーツなどの革の手入れには最適だろう。
ちょっと固くて足馴染みの悪い靴に塗って柔らかくしたり。

ミンクオイルがダメなのではなく、その性質を理解し、適量を使用できればいい。
ただ「ミンクオイルはダメだ」と得意げに言っているだけでは、手入れの初心者であると自白しているようなものだ。

(追記)
結論を書くのを忘れていた。

だから本当は、

「ミンクオイルは使わないほうがいい」

ではなく

「馴れないうちはミンクオイルはやめておいたほうがいいよ」

という趣旨でのアドバイスが間違って広まった結果だと思う。
関連記事

コメント

No title

同感です!
マスタングペーストだって塗りすぎたらミンクオイルと同じ負の効果を発揮します。
一般的な靴クリームもそうです。
どんなに素晴らしいクリームでも,使い方を間違ったらだめです。
過ぎたるは及ばざるがごとしです。
大事なのは,状態や革質を十分に把握したうえで,適時に適量を使うことですね。

2015/04/29 (Wed) 18:00 | なおけんた #l18yNLao | URL | 編集
No title

なおけんたさん

何を使うか、ではなく、状態を見極めどう使うかが問題ということですよね。
実はそれが一番難しいことであり、
「だから馴れないうちはミンクオイルはやめておいたほうがいいよ」
が間違った形で広まっているというところではないかと思います。

2015/04/30 (Thu) 06:14 | mc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する