日記|ミッシングリンクツ



三交製靴のS-3をちょっと磨いていて、ふと、自分が持っているブーツじゃない革靴、短靴を並べてみた。
(過去記事にあって、ここにないものはすべて処分しました。)

カジュアル代表Redwing8103。
冠婚葬祭用 Regal 315RBD。
そして、お気に入りの三交製靴S-3。

並べて気がついたけど、S-3は8103と315RBDのちょうど中間くらいのカジュアルさとフォーマル?さ。






8103とS-3を並べるとカジュアル。


(うそみたいだろ、これ。同じサイズなんだぜ。)




315RBDと並べてみるとフォーマルな感じ。

8103と315RBDだけでは短靴カテゴリーのラインナップが弱い気がしていたけど、そのちょうど中間の靴が加わったことで、カジュアル、フォーマル共に補強されて、もうこれでいいかという感じ。

これ、きっとワードローブの整理にもきっと同じことが応用できる。

例えば、フランス式10着縛りワードローブのように、極限に数を絞る場合でも同様に、カジュアル、フォーマル、中間を抑えておけば、服が足りない感はたぶんないだろう。たぶん。おそらく。

これから靴を揃える人は、是非この辺を踏まえて選んでほしい。
欲しいもの、かっこいいものだからで選ぶと、いくらあってと何か足りない感がして、いたずらに数を増やすことになる。
ブーツ含め、数十足の靴を買ってきて、このことにようやくたどり着いた。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する