経年変靴レポ|REDWING 8103 ワークオックスフォード-14



短靴ブーム。

冬から春になるから、自然とみんなそういう風に遷移していくんだろうけども。

夏でもブーツを履くしかない僕にしては、珍しく短靴を履く春になりそう。

このRedwingの8103もそう。

今回は、

汚れ落とし M.モゥブレイ ステインリムーバー
保革 タピール レーダーフレーゲクリーム(茶)
保護層 KIWI SHOEPOLISH



前回と同じメンテ。





向かって右側がタピールのクリームで磨いたあと。
左側は、ステインリムーバーで汚れを落とした状態。つまりクリームで磨く前。
タピールのこのクリーム、やけにテカテカになる。


この角度だとなんかぺしゃんこでかっこ悪いけど。


真横から見ると一番かっこいいかも。


また、こんな角度も側面の色落ち具合がよくわかっていいかも。


ブーツでキマるこの角度は、オックスフォードだと微妙、かな。


モカ縫いのせいなのか、この履きジワのグシャアっとした感じはちょっと気になる。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する