日記|黒いけど赤い靴



心、踊る靴。


先日購入した三交製靴のラギッドシューズS-3。

購入してから、一日置きで履いている。

かなりのお気に入りだ。

今朝などは、ああ昨日履いたから今日は履けないのかと残念に思ったくらい。
(靴は休ませなければならないらしい)

履いていて、こんなにもウキウキする靴は久しぶり。

だから先週から仕事にはG-BOOTS、ラギッドシューズのローテーション。

そして休日も。



靴は、もうひと段落だ。

そう思っていた。

靴愛好家であればこれを履かなくて何を語るかみたいなハイブランドの靴とかは履いたこともない。
でも、なんとなく靴ってこのくらいだろうなという枠は見た気がしていた。

たぶん疲れていた、いや、うんざりしていた。
製法が、素材が、歴史が。
いろいろな鼻の穴広げた情報に晒されるというか飛び込む内に、そういうのはもういいやと思っていたのかもしれない。



いったいなぜか、ラギッドシューズの何がこんなにも心躍らせるのかと考えてみた。

一つは、サイズ選びだと思う。

ラギッドシューズの通常の幅は3E。
3Eって幅の靴は今あんまりないんじゃないだろうか。
その結果、幅を合わせるために、実際の足長よりも長い靴を選ぶことになる。
加えて、厚めの靴下を履くことも想定してちょっと余裕のあるサイズ選びをすることが多い。

このラギッドシューズについては、在庫の都合から、かなり攻めたサイズを選んだので、偶然にもビッタビタのジャストサイズ。

そのほか、底付け以外にミシンを使わない9分仕立てというのも、履き心地に寄与しているのだろうか。
考え始めると結局、製法や素材といったところの話になってしまう辺りが僕の限界かもしれない。

とにかく、履いていて楽しい、いい靴に出会えた。

この靴にはできるだけ長く、このまま心踊らせて欲しい。
関連記事

コメント

No title

初めまして,なおけんたと申します。

めもさんのブログでこちらを知り,訪問いたしました。
ほぼ同じ時期に同じ靴を購入した同志ですね(笑)。
浅草で素晴らしい靴を作りながらも,脚光を浴びることのない小さな工房。
この工房の良さをもっといろいろな人に知ってもらいたいと思い,ブログに書いたりしましたが,私自身が大ファンになっています。
これからも応援していきたいと思います。
三交製靴をよろしく(笑)。

2015/03/03 (Tue) 20:01 | なおけんた #l18yNLao | URL | 編集
Re: No title

なおけんたさん
コメントありがとうございます。
購入に際し、なおけんたさんのブログもとても参考にさせていただきました。

今後も度々ブログを拝見させていただきます。
ありがとうございました。

2015/03/04 (Wed) 20:39 | mc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する