Run&Walk|ジョギングの背中を押すもの3



走るときは、ヒーローソング。

先日、記事に書いたけど、ひとりで走っているとどうしても大会のときのようなタイムが出せない。
→Reboot 2015/02/04 「Run & Walk|リバーサイドマラソン、DNE」 http://imzkmc.blog60.fc2.com/blog-entry-664.html

これは、たぶんテンションの問題だと思う。

そこでテンションを上げながら走るのにいいのが、仮面ライダーとかの特撮ヒーローの主題歌を聞きながら走ること。

ヒーローソングはテンポが速めのが多いから、そのテンポに合わせて走ることで、疲れてだれてきてもダラダラとした走りにならない。

また、後ろ向きな歌詞はほとんどないからポジティブな気分にされる。

最近のお気に入りは、これ。

IMG_270206-3.png

ウルトラマンギンガの歌。

どんなに辛くて どんなに苦しくても
きっと きっと きっと きっと
ゴールは近いから


こんなありきたりというかよく聞くような歌詞でも、この曲とウルトラマンギンガ効果ですっごく鼓舞される。

サビに入る前に入る、「いくぞ!みんな」というセリフでも、うおお!と滾る。

この歌の他、仮面ライダーオーズのAnything goes!もいい。

ただ、これはまったく見たこともないヒーローの歌だとまったく効果がないだろう。
ギンガにしろ、オーズにしろ、それを通して見たことがあるか、またそれを好きかどうかによってだいぶ変わると思う。

僕はもともとは仮面ライダーだけの人だったけど、子供に付き合ってギンガを見ているうちにギンガを好きになり、そのドラマに感動したからこそなんと思う。

だから、このウルトラマンギンガの歌で誰でも鼓舞されるわけではない。

だれもが持っているであろう自分のヒーローの歌が、むしろヒーローが、背中を押してくれる。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する