ベランダ緑化推進活動|ニーム、室内で復活



真冬の寒さに、その葉を散らし続け、ついに棒きれになってしまったニーム。


室内に移した後も葉はどんどん落ち続け。



前回の記事までは辛うじてあった葉も。



ついに全て枯れ落ち、棒きれが鉢に刺さっているような状態に。

しかし、古い葉をすべて落としてから。



先端の葉が目まぐるしい勢いで成長。
その勢いは、朝と夕で葉の大きさの違いがわかるほど。





これが今日。
芽から完全に葉になった。





下の方の脇芽も、頂点の葉が大きくなってから、続々と大きくなり始めた。

このままいけば、完全に元どおりの姿になりそう。




この間に変えたこと。

1.室内保管にして、日の当たる窓際に置くようにした。
熱帯の植物だから、やはり寒さには弱いらしい。

2.水やりを控えめに。あげるときはたっぷりとやるようにした。
これは始めから気をつけていたけど、こまめにではなくて、週に1回たっぷりあげるくらいにしてみた。
その方が根腐れを起こしにくいとか。

しかし、戸外に出しっ放しでも平気な植物と、そうでない植物。
あまり管理方法の違うものばかり増えたら、管理の手間がバカにならない。
次からは、対応できる気温が近いもので揃えていこうと思う。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する