Run&Walk|駅伝リザルト



1月のイベント、駅伝が先週の日曜日に無事に終了した。

私はというと3区4.9kmの区間で、あまり期待されていないチーム。

毎年参加はしているものの、ガラスのヒザが爆発してヒーヒー言いながら走っていたので当然と言えば当然。

でも、今年はヒザ痛を克服しつつあり、僕だけは僕に期待していた。

いつもはキロ当たり5分後半のペースでジョギングしているけど、1km当たり4分前半を目標にしてスタート。
ちなみに僕のチームは、2区にしていきなり繰上げスタート寸前。
(各中継地点ではトップが通過してから20分で繰上げスタート。)

どうにかタスキが繋がるか繋がらないかギリギリ、あと10秒というところで受け取り、スタートした。

けっこう頑張って序盤ペースを上げて走ったんだけども、コースプロフィールをぜんぜん知らず、中盤以降けっこうなアップダウンで憤死寸前。

どうにかこうにかたどり着いた中継地点では、目の前で繰り上げスタートされるというドラマを演出。

「これが駅伝の非情なところであり、面白いところだな」という係員の言葉に、イラッとする気も起きないくらいには出し切れた。

Rutasticは起動させていなかったから、距離と公式タイム、ハートレートモニターの心拍数をRuntasticに手入力したのがこれ。

s-IMG_270122-12.jpg

手入力だからキロ当たりのペースはわからないけど、後半はキロ5分後半ペースだったと思う。
平均心拍数が最大心拍数とほとんど変わらないから、けっこう頑張ったんじゃないだろうか。
平均心拍数、いつもの最大心拍数だ、これ。

キロ当たり4分前半とまではいかなかったけど、昨年はもっと平坦な4区4.95キロのコースをキロ当たり6分ペースで、ヒザが爆発しながら走っていたことを考えると、まずまずの結果だったと思いたい。


さて、次は2月8日の栄リバーサイドマラソンのハーフマラソン。
あと2週間しかないので走れるか、とても不安。

その次の3月28日の佐倉市健康マラソンは、フルではなく10キロだけど、ゴールタイム45分と自己申告しているから、今回の駅伝よりも速い平均ペースで10キロ走るということ。

練習のペースを1日おきに増やして頑張ろうと思う。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する