経年変化レポ|安藤製靴 G-BOOTS-1



安藤製靴のG-BOOTSを購入。

購入時の記事→Reboot 2015/01/10 「購入|安藤製靴NERO G-BOOTS」 http://imzkmc.blog60.fc2.com/blog-entry-639.html 

さっそく開封。
経年変化がよくわかるように、新品時の記録として画像多め。

s-IMG_270108-5.jpg

箱を開封。

ブーツ本体のほかに、ストラップ、中敷、サービスのKIWI SHOE POLISHが入っていた。

s-IMG_270108-7.jpg
s-IMG_270108-8.jpg

ストラップ脱着式ってのは珍しい。

また、日常の手入れはKIWIのSHOE POLISHでってのは、250も同じ説明だった。
脂分が多すぎると、型崩れするからとのこと。
シャフトが垂れると言っていた。
ただ、どうしてもテカリは強くなるから、その辺は好みがあるけどって言っていたような。


まずはストラップ無しの状態で見てみる。


s-IMG_270108-9.jpg

真正面から見ると、ゴム長感が強いけど。

s-IMG_270108-11.jpg

横からみると、シャフトのくびれがよくかわる。ただの筒じゃあない。

s-IMG_270108-12.jpg

確かに、このきれいなシャフトのラインは崩したくない。

s-IMG_270108-13.jpg

ソール周り。
250と違って、ギザウェルトではない。

s-IMG_270108-14.jpg

ヴァンプの革はとにかく分厚い。
既に2日履いているけど、履きシワはうっすらと付いたくらい。
これは手強い。

360°ビュー
[広告] VPS



続いてストラップを付けた状態を見てみよう



s-IMG_270108-16.jpg

ストラップはこんな感じ。

s-IMG_270108-19.jpg

s-IMG_270108-21.jpg


ソールの土踏まずの部分に鋲が打ってあるところを合わせて、ストラップを上にグルッと回してパッドを甲の部分に合わせて締める。

s-IMG_270108-17.jpg

ストラップがあるとだいぶ印象が変わる。


s-IMG_270108-18.jpg

s-IMG_270108-20.jpg

各部のステッチはこんな感じ。

s-IMG_270108-23.jpg

s-IMG_270108-24.jpg

s-IMG_270108-25.jpg


ストラップありの360°ビュー

[広告] VPS




ストラップは、バイクに乗るときにステップでソールの糸が切れるのを防ぐのと、甲部を締めて歩きやすくすることが目的らしく、日常使いでは外していてもいいらしい。
でも、ストラップだけ新品で浮いてしまうのも嫌なので、基本的には付けたまま履くつもり。

そして、手入れはこのシャフトのラインを崩さないためにKIWI SHOEPOLISHのみ、のつもり。
状態を見ながら、そこは臨機応変に。

これからどういう変化を見せるか、とても楽しみなブーツです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する