日記|マンションで焚き火気分は味わえるか



味わえるんです、これなら。タカラトミー「Fire Wood」


焚き火の揺れる炎を眺めながら、グラスを傾けるゆったりとした時間。

これが、キャンプに行ったときの醍醐味。

私はキャンプに行くと、食事の準備とか買出しで疲れて、ビール飲んで、疲れたもう眠い・・・と早々に寝てしまうことが多いけど。

そんなゆったりとした時間が自宅で簡単に楽しめる。

そんな商品が、ていじんさんのブログで紹介されていて、すぐさまアマゾンで注文した。
参考ページ→ 「ていじん」のジムニーとGSと自転車で遊ぼう 2014/12/14 「焚き火台、それは男のロマン・・・ 」 http://jimunitto1968.blog115.fc2.com/blog-entry-2304.html


箱はこんな感じ。

s-IMG_270102-5.jpg

s-IMG_270102-3.jpg

炭の箱をイメージしてるっぽい。

s-IMG_270102-6.jpg


開けてみると入っているのは、本体、両方オスのミニプラグコードと説明書。

遊び方は、3通り。

s-IMG_270102-2.jpg

1.アウトドアでの焚き火気分が楽しめる、アウトドアモード

2.インテリアライトとして使用する、インテリアモード

3.外部スピーカーとして使用する、ミュージックモード。
プラグコードは3で使う。

使うのは主に1。

2は、インテリアモードとして使っているとあっという間に電池が切れる。
単三3本使用だけにちょっと燃費悪いかな。

3は、スピーカーが主に炎の音と炭のパチパチと弾ける音を出すための物なので、そんなにいいスピーカーではなく、iPhoneのスピーカーの方が音量も音質もぜんぜんいい。

s-IMG_270102-4.jpg

1のアウトドアモードでは、タッチセンサーに触れて、息を吹きかけると加勢が強くなり、本当の焚き火を再現している。

定期的にこれを行わないと加勢が徐々に弱まってくるので、ちょっとしたらまたタッチしてフー。
これが、このおもちゃの遊び方だ。


では実際にやってみよう。

[広告] VPS




ちなみにこれ、参考価格7,400円くらいで、それがアマゾンだと1,600円くらいになっていた。
正直、1,600円くらいなら許せるというか納得して遊べるけど、参考価格でこれを買ったら、とてつもない後悔に襲われるだろう。

それはアマゾンの値引き率がすべてを物語っている。
評価は今日現在で4つ星だけど、たぶんこの1,600円ならばという話だと思う。
関連記事
Theme: 日記 | Genre: 日記

コメント

焚き火台

あけましておめでとうございます、ていじんです

この焚き火台、微妙な商品ですよね
このお値段でないと絶対に買わない(笑)

私はこれ、近々キャンプに持って行こうか思案中
テントの中でフーフーしてみます

多分皆さんの非難で終わりそうですが・・・

今年もよろしくお願いします

2015/01/02 (Fri) 04:37 | ていじん #kPpIYUDo | URL | 編集
Re: 焚き火台

ていじんさん、あけましておめでとうございます。

実際の焚き火と見比べてみると、その再現度に意外と高評価かもしれませんよ。
7,000円出すには惜しいですが、1,600円ならまあ納得の商品といったところですね。

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。


> あけましておめでとうございます、ていじんです
>
> この焚き火台、微妙な商品ですよね
> このお値段でないと絶対に買わない(笑)
>
> 私はこれ、近々キャンプに持って行こうか思案中
> テントの中でフーフーしてみます
>
> 多分皆さんの非難で終わりそうですが・・・
>
> 今年もよろしくお願いします

2015/01/02 (Fri) 07:12 | mc #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する